« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

富豪刑事

筒井康隆著「富豪刑事」を読了。TVで見た富豪刑事の原作だ。

原作では主人公は男だったのね。んで大金持ちのおじいちゃんは原作では父親だったんだ。

たしかに主人公が男だとちょっと嫌味だし、富豪の父っつーのもね。TVの設定のほうが金持ち刑事が金の力にあかせて事件を解決する、という嫌悪感を排除しやすいとは思う。

でも面白くて235ページを2時間で読みきってしまった。TVも続編やんないかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉旅行記

嵐山光三郎著「温泉旅行記」を読了。

あとがきがいい。こんな風にすごせたらいいなーと思わせる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モトコー

モトコー
図書館からの帰り、雨降って来たので高架下のモトコーへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二週間ぶり

二週間ぶり
図書館にやって来た。朝から暑いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月29日 (金)

全国制覇

ついに全国制覇した。信長の野望の話だけど。1週間がかりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月27日 (水)

信長の野望 蒼天録

土曜日からVistaでのぶやぼにはまっている。

ずーっと以前買ったのだが古い98マシンの空きメモリが足りず、プレイできなかったソフト。98、2000、XP用なのでVistaでやると突然終了するという恐ろしい事が起きるが、こまめにセーブして何とか遊んでいる。

のぶやぼはまだ大学生の頃、一番初期のタイプを当時持っていたMSXで遊んだのが始まり。MSXってWindowsが出る前で、日本の電気メーカーが共通言語C-BOLLっていうのを作ってどこ製のソフトでも使える、っていうのが売りの初めての低価格パソコンだったな。

それまではソフトには互換性がなくって、各メーカーのパソコンには専用ソフトがバラバラにあったよね。今では信じられない事だけど、確かにそういう時代もあった。時代は変わったけど、やっぱり面白い信長の野望は不朽のロングセラーパソコンゲームソフトだ。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2007年6月24日 (日)

日本代表VSJrオールブラックス

スカパーで観戦。前半は3-10と健闘したが、後半は実力の差を見せ付けられ惨敗。

高校時代強豪高に前半0-8と健闘したが、後半地金が出て0-50位で負けた試合を思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄子の旅アニメ版

スカパーで鉄子の旅を見た。

漫画の方が面白いと我が家の姫もコメントしていたが、たしかにそう。でも最後に横見氏の実物が見れてよかった。次回を期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月23日 (土)

パソコン切り替え

今日ようやく自宅のパソコンを新しいのに切り替えた。

セットアップするのに手間かかったが、ようやくネットもできるようになった。98からVistaになったが、使い勝手はどんなもんかな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年6月22日 (金)

郷愁の鈍行列車

今日は有休休暇を取ったので朝から読みかけの本を読んでいた。

種村直樹著「郷愁の鈍行列車」は1977年から97年にかけて著者が旅した、鈍行列車を綴る。

特に夜行鈍行については既に存在しない列車がほとんどだし、昼行でも廃止されたローカル線か、今ではほとんど見ない長距離鈍行。

時代の変遷を感じるし、乗り鉄にとっては悲しき状況の進行を改めて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年6月20日 (水)

すしの蘊蓄旨さの秘訣

成瀬宇平著「すしの蘊蓄旨さの秘訣」を読了。

医学博士で女子大教授の著者が結構真面目な角度からすしの旨さを語る。すしグルメ本としては固い内容の方だろう。やっぱ寿司本としては「すきやばし次郎旬を握る」の方がはるかに面白いな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月18日 (月)

ついに買ってもうた

ここ何ヶ月か、どんどん調子の悪くなる一方だったパソコン(7年もの、98)についに見切りをつけ、おNEWを昨日ヤマダ電機で買ってしまった。

私は超金欠だが、家計ではパソコン貯金をしばらく前からしていたので奥方様のカードで支払。

まだ箱からも出さずにおいてあるが、今度の休みにでもセットしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月17日 (日)

ビーナスブリッジからの神戸港

ビーナスブリッジからの神戸港
わずか15分ほどの散歩でビーナスブリッジに到着。お約束のブリッジに立つカップルと共に神戸港を望む。

海も近いが、山も近いくて良い景色。やっばり山はいい。神戸もいい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

諏訪明神

諏訪明神
今日の散歩は山方面。まずは諏訪明神にお参り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フィジーVS トンガ

今日も朝からスカパーでラグビー。日本に勝ったフィジーと負けたトンガの対戦。

バックスにミスの目立ったトンガだが、FWのパワーで押しきり21―15で勝った。日本も含め、この辺は実力伯仲という事か。本番でもフィジーに勝つチャンスはあるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月16日 (土)

日本ラグビー復活の鼓動

日本ラグビー狂会編・著「日本ラグビー復活の鼓動」を読了。相変わらず冬場のツケで金がないので、図書館で借りてきた本ばかり読んでいる。これなら1日0円で過ごせるからね。

今日のサモア戦もまあまあの戦いだったし、W杯本番でカナダには勝ってほしいものだ。フィジーにまで勝つ事ができれば最高だけど。

ワラビーズとウェールズには到底かないっこないが、魂のタックルで突き刺さりまくり、一撃必殺、死なば諸共、一蓮托生、見敵必戦、ただでは帰さん、見たか大和魂っつー位の勢いで人間魚雷炸裂させてほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本代表VSサモア

日本VSサモア戦をスカパーで観戦。3-13で破れたが、内容としては見ていて面白い試合だった。

前半はほとんど敵陣で戦っていたし、相手のラインアウトのまずさにも助けられたが、良くやっていた試合だと思う。カーワン効果出てきたかな?

前半のPGを安藤がキチンと決めていたら(3本も外しやがった)勝てたかもね。しかし遠藤はいいウィングだ。カーワン直伝で更に伸びてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなたの噛んだ小指が・・・

我が家では水戸に住んでいた時にもらった亀を飼っている。名は亀吉亀太郎亀子という。(娘が幼稚園に上がる頃つけたので、チョー適当。命名後メスと分かり亀子を追加)

鶴は千年亀は万年とはよく言ったもので、ろくに世話もしてないのにもう10年以上生きている。

もらった時は縁日で売っているような、ちっこいちっこい亀だったのが、今や巨大化。かなりの貫禄だ。

あんまり世話しないのだが、水槽の水が大分汚れていたので今日水を替えてやった。当然亀吉亀太郎亀子には感謝される筋合いだが、そこは亀。水槽を綺麗に洗い、水を張り、さぁどうぞと一時的に非難させてた洗面台のシンクから移そうと持った瞬間、ガブリと私の小指を噛んだ。

大の大人が「イテッ」と思わず声を上げるほどの力強い噛み付き。見たらかなり深く裂けていて流血も結構きてます。

消毒してバンソウコウ貼っといたが、飼い亀に手を噛まれるとは・・・。

昔まだゴルフを多少やってた頃、時々一緒に回った取引先の社長がダフり、ザックりする度に「あなたが噛んだ~小指が痛い~」と歌ってました。伊東ゆかり、という歌手の歌だそうです。その心は、ダフる=ヘッドが芝を噛む/噛む=伊東ゆかりという事なんだと。

血のにじむ小指を見ていて思い出しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八宮神社

八宮神社
図書館への途中にある八宮神社。いくつの宮まであるんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月15日 (金)

「粗にして野だが卑ではない」

城山三郎著「粗にして野だが卑ではない 石田禮助の生涯」を読了。

三井物産出身のビジネスマンが78歳にして第5代国鉄総裁を引き受け、親方日の丸にパブリックサービスの精神を吹き込むべく奮闘する話し。

何回目かの再読だが、やはり魅力的な人物だ。以前読んだ「日本鉄道物語」は国鉄技術畑を歩いてきた島父子と石田の前の総裁十河の、日本の鉄道を国際水準へ、の意思が燃える話しだったが、石田はそれに無理解な総裁として批判的に描かれていた。

ビジネスマンと技術屋の視点の違いだな、と本書を読み返して思う。

標準軌への改軌=弾丸列車の実現=新幹線、世界最長海底トンネルの実現=青函トンネル、など日本の鉄道の技術革新と世界をリードする鉄道の実現に燃える技術陣に対し、効率改善、採算、政治介入の排除、労働運動との戦い、そして何より国鉄の存続をかけるビジネスマンではおのずとものの考え方は変わる。

なにより石田の率直な人間性が好感をもてる。そんな人間を書くのが著者はうまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月12日 (火)

裏ミシュラン

パスカル・レミ著「裏ミシュラン ヴェールを剥がれた美食の権威」読了。

かの有名なガイド、ミシュランの調査員を16年経験した著者のいわゆる内幕暴露本。まぁどうせミシュランの星つきレストランなど行く事もないし、内容としてはボチボチと言った所。

それよりも昔「ゲレンデミシュラン」というホイチョイプロダクションが出した本があった事を思い出した。「私をスキーに連れてって」のちょっと前、ホイチョイが出始めた頃だった。ユーザーの立場から見たゲレンデガイドの視点が新しく、続編が出ないか楽しみにしてたんだけど出ずじまい。「間違いだらけの車選び」みたいにシリーズ物になってほしかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月11日 (月)

VANストーリーズ

宇田川悟著「VANストーリーズ 石津謙介とアイビーの時代」を読了。

おじさんには懐かしいアイビーの神様、石津謙介の伝記的小説。

さすがにみゆき族とは一世代違うが、おしゃれという事が気になりだした中学生頃、やっぱり「MEN’S CLUB」が教科書でVANはまだまだ輝いてたもんな~。なつかしいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白馬ハイランドも・・・

白馬の小粒なゲレンデ、白馬ハイランドスキー場が来シーズン以降の営業停止を決定したそうだ。

2年ほど前に家族で行って、その小粒さ、駐車場からの激近度、ガラスキ度、白馬連峰の景色の良さなど中々良いファミリーゲレンデと思っていたのだが・・・。

人気ゲレンデの多い白馬では地味なゲレンデだったが、この調子で中小ゲレンデがクローズしていくと、ホントさみしい事になってしまうなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月10日 (日)

JAPAN Coast Guard

JAPAN Coast Guard
今日は色んな船が停泊してる。海上保安庁の警備艦をこんな間近で見るのは初めてだ。北朝鮮の工作船を砲撃した速射砲もよく見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メリケンパークから

メリケンパークから
天気もいいし神戸らしい風景をもう一枚。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オークラ

オークラ
後ろには陣内、紀香で名を上げたホテルオークラがある。神戸っていいわ、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海王丸

海王丸
朝の散歩にメリケンパークにやって来た。海王丸が向かいの新港突提に係留されてる。帆を張った所を見たいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 9日 (土)

日本代表VSオーストラリアA

日本代表VSオーストラリアA代表戦をスカパーで観戦。10-71で惨敗。

A代表相手にこれでは、W杯でのワラビーズ戦は悪夢の100点ゲームになりそうだ。

絶対に勝てる相手ではないのは確かだが、日本自身が持つテストマッチワースト記録(オールブラックス相手に17-145)更新だけは避けて欲しいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沢木耕太郎著「凍」を読了。著者のルポルタージュは何冊か読んでいるがとても面白いと思う。

本著も山歩きが多少好きな私程度でも知っている、世界TOPクラスクライマー山野井夫妻について極めてリアルに描いている。

私はついぞロッククライミングというものをした事はないが、夫婦揃って凄いとしか言い様が無い世界だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

灘駅

灘駅
JR灘駅は工事中だったが、歴史を感じさせる作りが随所に見える。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

高校生密集

高校生密集
息子の高校の学園祭に来た。高校生大集合状態だった。息子のクラスはオブジェを使ったらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 6日 (水)

各地のゲレンデ閉鎖

ここのところ、各地でゲレンデ閉鎖のニュースを耳にする。四国の剣山、北陸白山麓のゲレンデ群など。

スキー/スノーボード人口の長期に渡る減少に昨年の暖冬小雪がとどめとなったのだろう。昨シーズン前も閉鎖のニュースが多かったが、ホント先行き暗いね。明るいニュースはないもんかいな?

| | コメント (6) | トラックバック (3)

2007年6月 4日 (月)

わしの眼は十年先が見える

城山三郎著「わしの眼は十年先が見える 大原孫三郎の生涯」を読了。

城山三郎の本はタイトルが中々目を引く。これもタイトルに惹かれ、そう言えば城山三郎って先だって亡くなったな、と思い出して借りてきた。

倉敷の紡績王、大原美術館のオーナーであった主人公の生涯を綴っているが、著者にはもっと面白い本があると思う。タイトルは良かったんだけどな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 3日 (日)

日本代表VSトンガ

遅ればせながら日本代表VSトンガ戦を見た。

勝つには勝ったが・・・てな内容。でも贅沢言っちゃいけないね。トンガに勝ったのも8年ぶりだという事だし、通算でも大きく負け越しているのだから。

勝っただけでも良しとしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

桃鉄

今日は朝スカパーでラグビーを少しだけ見て、あとは子供達と一日桃鉄をやってた。

久々にやったが、つい夢中になって長時間やってしまった。鉄おやじのくせしてビリッけつだったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 2日 (土)

汽車旅放浪記

関川夏央著「汽車旅放浪記」を読了。

乗り鉄にはグッとくるタイトルに思わず借りてきました。林芙美子、夏目漱石、内田百閒等過去の文士旅、宮脇俊三の紀行文も引きながら、実は鉄ですな著者が乗り鉄を語る。

あまりディープでない乗り鉄が文学と併せつつ綴っていて、結構良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビゴの店

ビゴの店
パンの美味い神戸でも老舗のビゴの店。あっちこっち美味そうなパン屋で買ったがここはお初だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

奥様のは

奥様のは
汽車弁当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁食いに

駅弁食いに
しばらく電車の旅にも行って無いので駅弁が食いたくなった。新神戸駅まで散歩がてら歩いて購入したのはステーキ弁当。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TV観戦三昧

今日は朝からスカパーでラグビーテストマッチ観戦三昧。

1試合目はウェールズVSワラビーズ。終了直前のワラビーズ逆転トライで劇的終了だった。

2試合目はイングランドVSスプリングボクス。ウィルキンソンが自陣から、さすがのPGを決めたのが唯一のイングランドの見せ場。スプリングボクスの圧勝に終わる。

どっちにしても日本代表のW杯2勝は夢だな、と思わせるレベルの試合でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

今週はキツかった

ようやく週末を迎えヤレヤレだ。

今週は体調が悪くて、鼻水ダーダー、喉痛、咳ひっきりなし、頭痛など発生している所へ更に頭痛くなるようなトラブルっつーかクレームっつーか疲れる交渉ごとがワラワラと湧き出し、勘弁してくれ状態。

七難八苦を乗り越え、やっと休める。ボードができないのが悲しいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »