« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月31日 (水)

文化の日=肉体労働

今年も文化の日の週末は肉体労働仕事。これで何年連続になるかな~。3年連続以上は間違いない。

毎年毎年どーゆー訳か、必ず仕事になる。まぁ今年は3連休が潰れないだけましだけど。

よってまたまた今年も初すべりは16日までおあづけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月29日 (月)

母来神

東京に住んでいる母が滋賀の山に登った後、泊めてくれと言って来た。

先週末から山登りして、今日降りてくるらしい。昭和ヒトケタ生まれだが元気なものだ。

完全な高年登山者だけに、山で遭難しなければ良いが。まぁ自分を生む前から50年以上登っているので超ベテランだし、無茶はしないと思うが、イケイケの性格は年とっても変わらんからな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月28日 (日)

驛の記憶(No90)

真島満秀写真 山川啓介詩「驛の記憶」を読了。写真集ではあるが、流石鉄道写真の第一人者真島氏の味のある駅写真と、短い詩がマッチして良い本だった。

もうすぐスノーシーズンだけど、駅めぐりの旅に出たくなったよ。

追記

今年通算何冊読んだか遡るのがメンドイのでナンバリングする事にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

南京町入口

南京町入口
南京町長安門の横に建っていた中国風の建物が無くなってる。いつの間に?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮駅から六甲山方面

三宮駅から六甲山方面
ツタヤにDVDを返しに行ってから、お買い物しにミント神戸とダイエーに向かう。

今日はとっても良い天気。散歩日和だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザイン変更

スノーボードカテゴリーで同じ雪山晴れデザイン使っている人が増えたので、昔のスペースラブ復帰。

あんまり多くの人と同じはヤダし、スペースラブ気に入ってたからね。また、新たに気に入るテンプレートが見つかるまではコレで行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月27日 (土)

帝国陸軍 戦車と砲戦車

歴史群像 太平洋戦史シリーズ34「帝国陸軍 戦車と砲戦車」を図書館で借りてきて読んだ。

海軍ものは好きで色んな本、雑誌、図解等昔からよく読んでたけど、陸軍はイメージが悪くあまり知識がない。

日本軍戦車についても貧弱、というイメージだけでよく知らないので、読んでみようかなと思って。

海軍の96式艦戦ではないが、初期に89式という傑作軽戦車を得た為に、その後の重戦車化に遅れをとった、というのは海軍の戦闘機に似ているなと思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

浦江亭

夕食は焼肉
夕食はど旨い焼肉浦江亭。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中学の文化祭

中学の文化祭
吹奏楽部の演奏を聞いた後、展示を見て回る。達筆ね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一風堂

一風堂
今日の昼飯は一風堂で赤丸新味。相変わらず極細ストレート麺と豚骨スープ旨い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新ルート

新ルート
図書館に行くのにいつもと違う道を、と裏道を通って来た。そしたら大倉山への新ルート発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

Swing Dougter

はぁやっと今週の仕事も終わった。

明日はお姫様の学校の文化祭。

吹奏楽部の彼女にとっては、晴れの大舞台。先週Swing GirlsのDVDも一緒に見たし。グレン・ミラー・オーケストラで有名なイン・ザ・ムードをやるらしい。

ジャズはサッパリの私もグレン・ミラーやイン・ザ・ムードだったら知ってる。

「中学生には珍しいビッグバンド・ジャズ・オーケストラ・・・」ってビデオ撮ったろかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月25日 (木)

やや疲れ気味

今週もあと1日仕事すれば終わりだ。やや疲れ気味。あと1日頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月23日 (火)

NEWプリンター

日曜日新しいプリンターが我が家にやってきた。EPSON PM-A840ってやつ。

今までのプリンターでも十分だと思ってたんだけど、奥方様が「キレイに印刷できない。年賀状シーズンまでに新しいの買おう。ヤマダ電気のポイントで買える。」と主張するので、購入する事に。

まぁ実質金が出て行かないのでいいか、と同意しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月21日 (日)

12月クリスマス前連休宿確保

年末年始にも家族SKIは行くが、その前の連休にも行こう!との主張が通り「近くならね」との奥方様の条件付許可を獲得。

無論近場となればハチ・カンナベ方面が一番近いのだが、例年クリスマス前には雪がない。その辺を強調して、奥美濃に行くことに同意を得る。

更に奥美濃には保養所が無いので、宿は高山にせざるを得ないとの三段論法?で高山宿泊に持っていく。

「高山なら観光もできるしね」と奥方様も納得。シメシメ、こっちは観光なぞ眼中にないが、とにかく奥美濃遠征&高山宿泊を確定させ保養所も確保。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

三宮繁盛地蔵

三宮繁盛地蔵
TSUTAYAに会員カードの更新に行って新発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度目のノーサイド

堂場瞬一著「二度目のノーサイド」を読了。ラグビー物の小説はあまりリアリティを感じられないので、ほとんど読まない。

大昔読んだ三田誠広の「やがて笛が鳴り、僕らの青春は終わる」は結構感動したけど。

この本もラグビープレーヤーでは無かった著者だが、ラグビーについてよく勉強しているし、人物描写がいかにもではあるが良く描かれていてまぁまぁ面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イングランドVS スプリングボクス

眠い目を擦りながらW杯決勝を生放送で見た。やはりスプリングボクスのほうが一枚上手だった。
双方の激しいディフェンスで固く締まったゲームだった。流石のウィルキンソンもドロップゴールを蹴らせて貰えるチャンスは少なかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

ロス・プーマスVSフランス

再放送だけどW杯3位決定戦を見た。開幕戦は見てないけど同じ顔合わせ。

プーマス強いわ。堅いディフェンスでフランスが回してもゲインさせない。FWも密集の寄りが早くしばしばターンオーバーしてたし、よくディフェンスする。

チームの実力として間違いなくフランスより上だ。

さて今夜の決勝はおきられるかな?決勝戦はどちらも固く固く進めるだろうから、ゲームとしては面白くない、というのが通り相場だけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪山神社到着

諏訪山神社到着
最後は諏訪山神社の横合いに出て終了。あぁよく歩いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分降りて来た

大分降りて来た
かなり降りてから視界が開けた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山はもう少し色付いている

山はもう少し色付いている
もう少し紅葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いい感じの下山道

いい感じの下山道
日当たりの良い下山ルート。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山は少しだけ色付き始めてる

山は少しだけ色付き始めてる
少しだけ紅葉。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絶景かな

絶景かな
今日は好天で紀伊半島から遠く四国まで見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二等三角点でビール

二等三角点でビール
鍋蓋山山頂に到着。ビール飲むぞー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山頂近く

山頂近く
稜線も気持良い森林浴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再度山大龍寺

再度山大龍寺
今回は本堂まで登ってお賽銭も上げて来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猩々池

猩々池
一時間程歩いて日の当たる分岐点に出たので休憩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久々ハイキング

久々ハイキング
すっかり体もなまっているので軽くハイキングに出る。登山口傍の諏訪山神社と古いけど洒落た洋館。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月19日 (金)

旅は自由席

今日は年休を取りお休み。なので昨晩遅くまで宮脇俊三著「旅は自由席」を読みふけり、未明に読了。

図書館で新たに大好きな宮脇氏の本を見つけて、即借りてきた。やっぱりいいなー。乗り鉄として共感できる文章がとても多い。

本書は随筆、エッセイといた短編が多く、紀行文はあまりないがそれでも面白かった。

さて今日は天気も雨模様だし、特に予定もないし、何して過ごそうかな。折角の休みだし有効活用したいけど、風邪も抜けきってないしな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月18日 (木)

「ディスカバー・ジャパン」の時代

森彰英著「「ディスカバー・ジャパン」の時代 新しい旅を創造した、史上最大のキャンペーン」を読了。

割と固めの内容だったが、1晩で読みきってしまった。ディスカバージャパンと言えば正に少年時代鉄道に夢中で電車大好き少年、乗り鉄への幼い日々に国鉄がやっていたキャンペーン。

子供だったのでいつどのような形で始まったのか分からなかったが、1970年万博(これまた懐かしい)終了後の輸送客減少を予測し、その対策として始まったというもの。

スタンプノートに駅スタンプを押すため、あっちこっちの駅を駆け回ったのはこの頃だ。

国鉄最後の光を放った大キャンペーンだったと思う。ここではないどこかに行きたい、という放浪の旅心をアピールした、日本全国津々浦々に路線を持つ大国鉄だからこそ可能なキャンペーンだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月17日 (水)

炎の提督 山口多聞

岡本好古著「炎の提督 山口多聞」を読了。「雪風ハ沈マズ」に続いて戦記物。山口少将の生涯に興味があったので借りてきたが、若干物足りなかった。

題材としては艦船である雪風よりも人間山口のほうが遥かに魅力あるストーリーを書けそうなのだが。筆力の違いという事なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月16日 (火)

雪風ハ沈マズ

豊田穣著「雪風ハ沈マズ 強運駆逐艦 栄光の生涯」を読了。有名な戦記物作家が書く、開戦から大和特攻まで多くの戦いに参加した駆逐艦雪風の強運な戦歴。

開戦時在籍した日本海軍軍艦のうち、終戦まで生き残ったのはほんの僅かだ。多くの実戦に参加しながら、終戦まで生き残った雪風は稀有な例で、その意味では正に強運。

だが、逆に言えば4年弱に百以上の艦艇が海の藻屑と消えたわけで、当然その乗組員の死傷はその何百倍、何千倍になる訳だ。

戦争はしてはならんでや。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

スプリングボクスVSロス・プーマス

再放送だけどスカパーでスプリングボクスVSロス・プーマスを見た。流石王者スプリングボクスがプーマスの長所を出させず、うまく封じ込めた試合。

決勝はイングランドVSスプリングボクスか。ポイントはただひとつ、ウィルキンソン次第だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月15日 (月)

やや復活

ここ数日風邪っぴきで調子は最悪だったが、やや復活の兆し。

まだ咳きは出るが、鼻水と頭痛、喉通はおさまりかけている。明日、明後日と外回りが続くので明日の朝には完全復活してほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

大名の日本地図

中嶋繁雄著「大名の日本地図」を昨晩読了。明治初年まで存在した日本全国の藩を網羅したそれぞれの簡単な立藩~終焉までの歴史を解説した本。羅網に重点がおかれ、深く掘り下げていないため、興味としてはいまいち、といった所。

相変わらず風邪で鼻水がひどいが、月曜締め切りの仕事があった為、午前中チト仕事した。あとは休養しとこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月11日 (木)

バブル・エイジ

小林キユウ著「バブル・エイジ」を昨日読了。1990年、バブルの真っ只中、空前の売り手市場の中で一流企業に就職していった大学時代のサークル仲間のその後の「失われた10年」を描く。

山一證券、そごうなどバブル崩壊とともに消え去った企業に就職したもの、フリーターの走りとなり海外を放浪の末、僧侶となったものなど様々な青年時代を描く。

著者本人も銀行に就職したものの、合わずマスコミに転職し、フリーのカメラマンとなる。

自分が87年入社でバブル寸前、まだ景気は上向きの手前で就職は決して売り手市場ではなかった。その後2-3年してから入社してきた後輩の大量採用と正に玉石混交を肌で感じている為、中々面白かった。

それはそうと、風邪引いたみたいで今日は一日会議だったが、それでも辛かった。なんだかフラフラだぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

四万十川がたり

語り野村春松、聞き書き蟹江節子「四万十川がたり」を乗り鉄旅行中に読了。

一度だけ家族でキャンプに行った四万十川。野田さんの著作でも登場する野村のおんちゃんが愛する四万十川と口屋内について語る本。

またいきたくなったな~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 9日 (火)

失われた鉄道100選Ⅱ

南正時著「失われた鉄道100選Ⅱ」を九州乗り鉄前に読了した。

もう4日も前の事だから、忘れかけてるが乗り鉄気分が高まったのは間違いない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 8日 (月)

フィジーVSスプリングボクス

スカパーでフィジーVSスプリングボクス戦を見た。

これがあの日本と接戦してたフィジーか?と思うような大健闘。

日本戦は本気出してなかった?バックスこんな上手かった?

スクラム弱いのとラインアウトへたなのは一緒だったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新神戸駅

新神戸駅
広島からは疲れもあり、早く帰りたいと新幹線を利用。無事新神戸に着いて、楽しかった乗りまくりの旅もこれでおしまい。お疲れさまでした。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

酢めしが丁度良い

酢めしが丁度良い
あまり食欲も無かったが酢めしが旨く、フグもあっさりしていて、丁度良かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ふく寿司

ふく寿司
ロング乗車になるので食料を仕入れておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら九州

さよなら九州
関門トンネルを通って下関に上陸。もう帰るだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒崎駅

黒崎駅
筑豊電気鉄道すごく良かった。毎日乗ってたい位。黒崎からは再びJRで神戸を目指す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特等席

特等席
路面電車タイプの車内で運転席横の特等席をゲット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

筑豊電気鉄道

筑豊電気鉄道
別ルートとはコレ。JRの駅から結構歩いたぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

直方で下車

直方で下車
筑豊本線のこの部分は一昨日も乗っているので別ルートを取る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福北ゆたか線

福北ゆたか線
博多から通称福北ゆたか線に乗る。これで未乗の篠栗線を片付ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 7日 (日)

本日の夕飯

本日の夕飯
昨日贅沢したので質素にカップ焼きそば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

狭っ!

狭っ!
博多のホテルの部屋。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多駅

博多駅
ようやく本日の目的地、博多に到着。流石に腰が痛い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急の併合

特急の併合
肥前山口駅では特急ハウステンボスとかもめの併合作業が見れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

早岐駅

早岐駅
早岐まで引き返し、肥前山口まで佐世保線に乗る。早岐駅レトロでいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

JR最西端駅到達

JR最西端駅到達
佐世保駅に到着。JRの一番西まで来た。なんか嬉しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハウステンボス

ハウステンボス
突如出現。なかなか見所の多い大村線でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

目の前海

目の前海
佐世保に向かう大村線の千綿駅は目の前が海。あんまり近いんで車内から海を写す。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

中身は

中身は
ぶた角煮のせご飯。昨日のかしわめし同様、ご飯に味が染みている上いろんな細かい具が混ざっている。旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長崎駅弁角煮めし

長崎駅弁角煮めし
本日の遅い昼飯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くんちそこのけ

くんちそこのけ
長崎ではくんちを一望だにせず、すぐさま折り返し未乗区画の長崎本線旧線経由佐世保行きに乗り込む。これで佐世保線も完乗出来るし、くんちごときで外せないぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諫早駅到着

諫早駅到着
島原鉄道で1時間半のローカル線の旅を楽しみ、諫早に到着。ここから長崎に向かうが、今日は長崎くんちをやっているそうで、大変混み合います、と駅でアナウンス。やだな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

硬券切符

硬券切符
驚いた事に駅には人がいた。(おばちゃん寝てたけど)切符を買ったら今どき貴重な硬券切符。しっかり写真撮っておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

島原外港駅

島原外港駅
島原港から歩いて島原鉄道の駅へ。諫早に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなり船

いきなり船
熊本港から島原に渡るべくフェリーに乗る。バスが大幅に遅れて間に合うか不安だったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三角駅

三角駅
一面一線の行き止まり駅。天草への船に連絡している。橋が無い頃は賑わったのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

三角線

三角線
夜明けの熊本駅から三角線の始発に乗る。九州は日の出が遅い。綺麗な朝焼けと虹が見れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 6日 (土)

いや旨かった

いや旨かった
旨かった。馬肉がこんな旨いと思わせてくれた管乃屋健在。ただ自分が年食った。少々くどかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特選にぎり

特選にぎり
締めは特選にぎり。北九州時代一緒に来た事のある家族にも宅急便で特選しもふりを送っておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鮮馬刺し特選盛り合わせ

鮮馬刺し特選盛り合わせ
を注文。ここぞとばかりに張り込みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬肉専門店管乃屋

馬肉専門店管乃屋
宿泊地を熊本にした最大の要因、馬肉の管乃屋に夕飯を食いに来た。ここの馬肉は本当に旨い。カウンター前に並ぶ肉も見るからにウマソー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

熊本到着

熊本到着
ようやく本日の目的地、熊本に到着。駅前のホテルは結構立派。流石九州、この時間でもまだ外は明るい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

原田駅

原田駅
と書いてはるだと読む。桂川―原田間は予想通りのローカル線で乗客も10人ほどだったが、沿線にはそれなりに人家があった。九州のローカル線は大抵そうだけど。やはり気候が温暖なせいか、極端に過疎ではない。原田

| | コメント (0) | トラックバック (1)

桂川駅

桂川駅
筑豊本線の末端部、桂川―原田は極端に列車本数が少ない。本線のくせに一日たった七本。それだけに楽しみでもあるけど。桂川駅はローカルだけど新しい駅舎で味気ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昔風焼めし

昔風焼めし
見た目は地味だが味はマジで美味しかった。侮り難し、田川一平食堂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

一平食堂

一平食堂
駅前の一平食堂に入る。外からは大丈夫かな、てな感じだったけど中に入ったらほぼ満席。ビールと焼めしを頼む。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田川本町銀天街

田川本町銀天街
駅前のアーケードを歩いてみたら、大変な事になってました。炭鉱が活気あった頃は賑わったろうけど。香春岳の削られ方も更に酷い気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田川後藤寺駅

田川後藤寺駅
ローカルだけど乗り換えのターミナルでもある駅。後藤寺線はこれで完乗だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

後藤寺線

後藤寺線
筑豊本線は本線のくせに一気通貫で走る列車は無い。そこで新飯塚駅で下車し、筑豊ローカル線群の一つ、後藤寺線に乗っておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

若松駅

若松駅
折尾から筑豊本線で若松駅へ。複線非電化で本線なれどローカルムード一杯。若松駅も終点って感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お味のほうは

お味のほうは
一見かしわより海苔のほうが多いじゃねーか、名物に旨い物無し、の口か?と思ったら、意外や意外。鶏を煮込んだスープで飯を炊いているらしく、鶏の味がご飯に染みてて旨い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かしわめし

かしわめし
折尾の駅弁と言えばコレ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レトロな折尾駅

レトロな折尾駅
いい味出してます。駅舎だけで無くホームの屋根もいい感じ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西小倉駅

西小倉駅
一旦西小倉まで引き返し鹿児島本線で折尾に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

志井公園駅

志井公園駅
一面一線の何も無い駅。小倉に住んでいた頃、此処までモノレールで来て夜明まで日田彦山線に乗った。これで城野からの全線完乗だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日田彦山線未乗区画

日田彦山線未乗区画
小倉からは日田彦山線の未乗区画を潰す。北九州時代効率の悪い乗り方しちゃったからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小倉駅

小倉駅
北九州時代以来だから5年8ケ月ぶりの小倉駅。無茶苦茶懐かしい。駅前のそごうも伊勢丹になってるし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

九州上陸

九州上陸
フェリーすおうは新門司港に間もなく着岸。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 5日 (金)

フェリーの夕食

フェリーの夕食
夕飯時になったのでカフェテリア方式のレストランで夕食。納豆、アジフライ、レバー、サラダ、小飯、冷酒で1330円。結構するね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

六甲アイランドからの夜景

六甲アイランドからの夜景
間もなくフェリー出航。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

阪九フェリー二等船室

阪九フェリー二等船室
仕事をバタバタと片付け、九州への最も安い交通手段フェリーに乗り込む。
阪九フェリーって確か北九州から神戸に引越しして来た時乗ったな。あの時は車ごと、四人個室でゆったりだったけど。自費では節約第一っす。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月 3日 (水)

日ノ本盛

たしか中学生の頃だったと思うが「野球狂の詩」という漫画があった。少年マガジン(だったと思うけど)に月イチ連載されてて、その後ナントカ言う女投手が出るようになって毎週連載になった。

月イチ連載の時のほうが圧倒的に面白く、よく読んでいた。

その中で「日ノ本盛」というアル中投手が主人公の話があった。

無類の酒好きで、酒さえ抜けば一流ピッチャーという設定でご存知(ない方もいるか?)岩田鉄五郎、五利監督があの手この手で酒を抜かせようとするが、そこは心底酒好きの日ノ本が更に上手を行って、試合中にも関わらずどっかで酒を飲んでしまう、という話だった。

「酒は友達」という日ノ本が最終的にはプロの投手としての自覚を持つ、という結末だったと思うが、そう思い知るのは泥酔し、それでも投げ、しまいに吐く、そして「酒ではなく水をくれ」という状態まで飲ませ、投げさせた鉄五郎のやり方のおかげだった。

説明が長くなりました。「酒は友達」の筈の私ですが、よる年波のおかげか、昨日はわずかの酒で腹が痛くなりました。久々に酒より水をくれ、の心境となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月 1日 (月)

年末年始宿GET

今年も年末年始家族スキー&ボードを企てている。年末年始はどの宿も混むし、正月料金ボッタくるので、ココ最近毎年会社の保養所にしている。

ここも早い者勝ちなので、今日の受付開始時間ととも仕事はそっちのけで電話。めでたくGETしました。

まぁ変わり映えしないと言えばしないが、設備も飯も悪くないからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道の日記念きっぷ

仕事を終えて、元町駅で鉄道の日記念きっぷを買ってきた。

週末九州乗り鉄にはまずこれが無いとね。4日後の夜には九州へ向けて出発進行~!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »