« 鉄道ひとつばなし(No99) | トップページ | 早明戦 »

2007年12月 2日 (日)

鉄道ひとつばなし2(No100)

原武史著「鉄道ひとつばなし2」を読了。前作が面白かったので、同時に借りてきた2のほうも続けざまに読んだ。

鉄道趣味界の四天王、という章で宮脇俊三、種村直樹、川島令三、嵐山光三郎それぞれが同じ題材の鉄話を書いたら、という試みの文章を載せているのが面白かった。

また宮脇文章について、「「時刻表2万Km」は戦後の日本文学史に残る名著だと思う」と記されている。全く同感だ。

|

« 鉄道ひとつばなし(No99) | トップページ | 早明戦 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/17249405

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道ひとつばなし2(No100):

« 鉄道ひとつばなし(No99) | トップページ | 早明戦 »