« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月

2008年5月31日 (土)

実楽

実楽
今宵の一本は澤の鶴株式会社謹製実楽。久しぶりに一升瓶買った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮そごうの地下

三宮そごうの地下
三宮ダイエーの帰り、そごうのデパ地下へ。

-追記-

この写真だとあんまり人いないようだけど、凄く混んでました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軟弱に

軟弱に
雨降りなので軟弱にも車で図書館。週末唯一の運動なのにイカンなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月29日 (木)

そーいや3周年+1

そろそろだなーとは思っていたのに、その日になるとすっかり忘れていました。

ブログを始めて3年が昨日過ぎてました。

始めた時点で神戸生活も3年以上過ぎていたので、そろそろ転勤が近いだろうと付けたタイトル。

それから更に3年を神戸で過ごすとは。いや全くオッケーなんですけど。

ここまで来ると欲が出て、1年以上前に契約してまだ完成しないマイホームのマンションに住めるかも、と思ってしまう。

契約した時は完成・入居可能になるまで約2年、という事は分かっていたので、自分自身は住めない、と覚悟していたのだけど。色気でちゃうなー。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

食味風々録(No-33)

阿川弘之著「食味風々録」を昨晩読了。

何かとブーブー言うからか、風々録(ぶーぶーろく)としゃれたタイトル。

こだわりの著者が盛んにこだわる食の真髄。

作家として優れた作家である事は間違いない。さすがの筆力だ。しかしうるさい頑固なじいさんである事も間違いない。

それを自分で自覚し、憂い、腹を立てているところなぞ家の父にそっくりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

黒松国盛

黒松国盛
今宵の一本は愛知は半田の酒。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月25日 (日)

カソリック教会跡

カソリック教会跡
図書館への途中にはこんな門柱もある。震災で倒壊してしまったそうだ。
今は介護老人施設になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

公館で

公館で
雨も上がったようだし図書館でも、と公館の前を通ったら、こんな看板が。
環境会議のレセプションがあるらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ローカルバスの終点へ(No-32)

別冊太陽の宮脇氏特集を読んだので、氏の本が読みたくなり「ローカルバスの終点へ」を昨晩読んだ。

15.6年前に新刊文庫本として買った本で、随分読み返しているが、やっぱり宮脇氏の文章は良い。

乗り鉄ものではなく、更に奥地へと踏み入るローカルバス乗車記だけど、まだ元気な氏の淡々として、かつ細やかな紀行文は味がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

琴欧洲初優勝

琴欧洲が初優勝した。昨日は惨敗だったが、今日は気持ちのこもった一番で快勝。

随分前に大関に昇進した頃、朝青龍の良きライバルになってほしいものだ、とプログに書いた記憶があるが、その後さっぱり。

すっかり白鵬の影でパッとしない存在になってしまっていたが。

再び綱を目指して頑張ってほしい。それにしても日本人力士の影の薄いことよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今宵の一本

今宵の一本
久しぶりに飲む土佐の酒、酔鯨。酔鯨と言えば山内容堂だね。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

鉄道に魅せられた旅人 宮脇俊三(No-31)

別冊太陽「鉄道に魅せられた旅人 宮脇俊三」を昨晩深夜というか本日未明に読了。

鉄道紀行文の巨人、宮脇氏の特集雑誌だが、豪華な執筆陣、綺麗な写真を多用した装丁、読み応えある中身であり、読書としてカウントしても良いだろう。

これは税抜き2,300円と相当お高く、買うときもかなり逡巡した記憶があるが、久しぶりに読み返してやっぱり買っておいて良かったと思う。

含羞の鉄道作家宮脇氏の文章がまざまざと蘇る、いい特集です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月23日 (金)

賢者の食欲(No-30)

里見真三著「賢者の食欲」を読了。

図書館で「すきやばし次郎旬を握る」の著者だな、と思い出して借りてきた。

「すきやばし・・・」は私の数少ないグルメ本蔵書の中でも名著だと思っていたが、それは素材(小野次郎の語りと握り)が良いのか著者の描写力が優れているのかは判然としていなかった。

本著は里見氏の筆力が素晴らしい事を認識させてくれた。

つまらんガイドブックとは明らかに一線を引く、正しい食通本だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

人工衛星饅頭

人工衛星饅頭
凄いネーミングだ。もちろん買う。

-追記-

要は今川焼なんだけど、形が今川焼の様に平たい円筒形ではなく、甘食の様に縁が潰れている。

ネーミングとしてはUFO饅頭、もしくは円盤饅頭のほうが正確でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

橘屋

橘屋
今日も行列。本日のおすすめは合挽ミンチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

寿し真弓

寿し真弓
東山商店街の隣、マルシン市場の寿司屋で昼飯。700円で回ってない寿司を8貫食え、結構旨い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東山商店街

東山商店街
すっかりファンになった東山商店街に奥方様と連れ立ってやって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

税金払うか

税金払うか
自動車税を払いに行く。益々金なくなった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うれしいな

2.3月頃から、なんだかんだと忙しく(ボードは隙を見て行ってたけど)慌しかったけど、少し落ち着いてきたので、今日は年休をとった。

まるっきり予定のない平日休みっつーのもいいよね。のんびり過ごそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月21日 (水)

歯医者終わったー

1月に詰め物がとれてから、延々と通わされていた歯医者が今日やっと終わった。

月に2-3回だから、4ケ月で10回程だが長かったなー。

最後に「検診が3ケ月後か6ケ月後にありますが?」と言われ、そんな先の予定は分からないが、と逃げを打ったのに「では6ケ月後に通知しますので」と追い撃たれた。

最近の歯医者の囲い込みは凄いぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

定年後のただならぬオジサン(No-29)

足立紀尚著「定年後のただならぬオジサン」を読了。

いくらなんでもまだ定年には間があるが、タイトルの巧さに借りてきた。

やっぱりまだピンとこない感じ。もう一つ、著者自身が本書執筆時は41才であり、勿論サラリーマンではないのだけど、「定年」世代ではないので少し上滑りになっているように思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ecute物語(No-28)

鎌田由美子+社員一同著「ecuteエキュート物語」を読了。

JR東日本の新事業、エキナカを大宮、品川、立川で次々と立ち上げたJR東日本ステーションリテイリングの女性社長と社員一同の奮闘物語。

「高い志のない者、情熱のない者は去れ。」口で言うのは簡単だけど自ら実行する強いリーダーシップ、鬼と言われながら社員に愛される人間。

部下それぞれの苦労談もリアルだが、36才女性にしてJRグループ会社の社長になる人間はやはり凄い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇宙戦艦ヤマト健在ナリ(No-27)

円道祥之著「宇宙戦艦ヤマト健在ナリ」を読了。

なつかしくて思わず借りてきてしまった。ヤマトのイスカンダルへの旅での様々な局面を、何故?という大人の観点から解説している。

まぁ色々矛盾もある訳だが、当時の中学生にとっては面白いアニメだったよな。

後で原作を読んだ時にはもっと救いのない結末(ヤマトはイスカンダルで力尽き、地球が生き残る道はコスモクリーナー=放射能除去装置ではなく、種の改変による放射能への対応で古代一人が地球に帰る、だったと記憶しているが)にビックリした思いがある。

-追記-

ちょっと気になったのでWikipediaで調べたら「原作」というより同時並行的に書かれた「小説バージョン」という事みたいね。

それで「ヤマト」ってそういえば著作権問題で一時モメてたな、っていうのも思い出した。

なんか「小説バージョン」も迫力あって良かったなー、と思うんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

歴代海軍大将全覧(No-26)

半藤一利、横山恵一、秦郁彦、戸高一成の座談速記録「歴代海軍大将全覧」を読了。

明治建軍以来太平洋戦争敗戦後の海軍解散までに生まれた77人の海軍大将の記録。

座談会形式でなで切り、っという感じなので一人一人について詳しく述べるページ数はないが、77人全てについて一応は語られている。

軍記ものには一通りの知識はあるつもりだが、それでも中には、誰?この人という大将もいる。

平和な時代には官僚としての能吏が大将になるんだな、という事。兵学校の卒業席次が出世の第一条件とは大将もやはりいわゆるエリートという事なんだろう。

無論平和であるにこした事はなく、戦国時代ではないのだから、エリート能吏が大将になる、という事は平和である事の証左であり、いいことなんだろう。

でもそうやって出来上がった大将が戦争の時代になって全軍を率いる、という事になると率いられるほうは迷惑だけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸桜

神戸桜
なかなかPOPなラベルの神戸桜。灘の櫻正宗株式会社謹製。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パレード2

パレード2
サンバチームやディズニーパレードなどもあったが親ばかは娘を追う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸まつりパレード

神戸祭パレード
お姫様の楽団がパレードしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏みそかつ定食

鶏みそかつ定食
800円と妥当なお値段で結構旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ごはんや鶏っく

ごはんや鶏っく
お姫様のパレードを見に行く途中で昼飯。センター街地下に5月1日にオープンしたらしい鶏料理屋にした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

提督の決断Ⅳ遂に勝利

いい年してシュミレーションゲームにはまってた。

ようやくニューヨークとロンドンを占領し勝利。

まぁとにかく最後までやりきった、という事で祝杯をあげようか。

今日は午後から神戸祭りのパレードにお姫様も出るようだし、見に行こう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月17日 (土)

遅れて来た母の日

遅れて来た母の日
「母の日に何もしてもらって無い」との奥方様の抗議を受け、買い物から本日の夕飯は不肖私目が用意させて戴きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三宮駅前

三宮駅前
お買い物特派員今日も三宮ダイエーへ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰りは神戸駅へ

帰りは神戸駅へ
神戸駅はさすがに東海道本線の終点かつ山陽本線の起点だけあって、上野駅みたいな昔のターミナルの雰囲気が好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅そばの由来

駅そばの由来
ちゃんと由来が貼ってあります。普通のそばも「和そば」として売ってました。こちらは380円でちょっと高い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路名物駅そば

姫路名物駅そば
券売機に堂々と姫路名物と唱う、目当ての駅そば。確かに黄色い麺だが中華麺とはちょっと違う感じ。汁が濃くしょっぱかった。ちなみに350円でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新装なった

新装なった
コレが駅そばスタンド。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

田舎で起業!(No-25)

田中淳夫著「田舎で起業!」を姫路までの電車の中で読了。
年取ったら田舎暮らししたいと思ってるのでなかなか参考になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路へ

姫路へ
こないだ読んだ駅そばの本で紹介されていた姫路の駅そばが食べたくて姫路に行く事にした。

麺が中華麺を使ってるらしい。それって「そば」なのかよ?って思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月15日 (木)

長い

この一週間は長いな~。

仕事上でも取引先に訳の分からんダダこねられるし。

まぁあと一日頑張ろー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

世界制覇近し

提督の決断の話ですけど。

ここの所、はまっていた提督の決断もようやくヤマを越えた。

喜望峰からメキシコまで占領したので、アトは楽だろ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月11日 (日)

中華屋台

中華屋台
そこら中、屋台だらけ。中華ピロシキを100円で買ったら旨かった。これも小さかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

世界チャンピオン

世界チャンピオン
少しお腹がすいたので肉まんをつまんだ。90円は安い、と思ったら超小さかった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長安門

長安門
三宮ダイエーからの帰りに南京町に寄った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

雨の中

雨の中
今日も図書館にやって来た。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

ハゲ天

はげ天
本日の昼飯はハーバーランド阪急のハゲ天で天ぷら。

-追記-

ランチ1,000円でご飯おかわり自由。揚げたてを順番に出してくれるし、お得っす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 5日 (月)

おいしいローカル線の旅(No-24)

金久保茂樹著「おいしいローカル線の旅」を読了。

著者は「旅と鉄道」創刊の頃から、紀行文等の記事を同誌に掲載していた。

私もさすがに創刊号は覚えていないが、かなり創刊に近い時代からその記事を目にしていた記憶がある。

なのですっかり紀行作家のイメージだったが、ここしばらくはミステリー作家という事になってるらしい。

無論本書はタイトル通りローカル線沿線で旨いものを食ってくる、という内容だったが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カラオケ

カラオケ
今日はカラオケ。

-追記-

同行拒否の娘を除き、家族3人で4時間も歌ってた。

息子とカラオケするのは初めてだったが、今時の高校生らしく最近の歌(らしい、オヤジにはさっぱりわからん)を臆する事なく歌ってたよ。

自分が高校生の頃ってカラオケはまだ飲み屋で8トラックっつー時代だったなー。

(既に8トラックって今の高校生は見たこともないよね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

アンリシャルパンティエ

アンリシャルパンティエ
のいちじくのなんとか言うケーキ(手前・自分)と子供達のアンテノールのフロマージュ、モンブラン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢のスイーツカフェ

夢のスイーツカフェ
最長三時間待ちだったカフェ。待ち時間が一時間程になったので並ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ここは

ここは
10分待ちらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お菓子の姫路城

お菓子の姫路城
とか色々あった。館内撮影禁止なので出口で一枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピエロ

ピエロ
一番人気の和と洋のシンフォニー館で二時間半並んでいると途中でピエロが芸をしてた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人一杯

人一杯
まぁとにかく人々。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

兵庫のお菓子館

兵庫のお菓子館
一番空いているここで30分待ち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

かつめし

かつめし
入場する前に先ず腹ごしらえ。播州名物かつめしにした。加古川名物だと思ってたけど、播州全体で食われてるんだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

姫路菓子博2008

姫路菓子博2008
混雑は覚悟だったが入る前からこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 3日 (土)

IKEA

IKEA
奥方様がカタログが欲しいとおっしゃるのでやって来た。GWだし混んでるだろうなぁとは思ったが。入場一時間待ちだと。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

元町カレー

元町カレー
今日の昼飯はここ。チキンとトマトのカレーは500円とリーズナブルで旨い。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

動き始めた

動き始めた
どうやら車両火災では無く線路脇のボヤだったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

火災かよ

火災かよ
もう帰るのみ、と大阪駅から新快速に乗ったら尼崎の手前で先行列車消火活動の為停車中だと。車両火災かよ?もう30分も止まってる。脇の道にはパトカーやらJRの作業車やら来るし、どうなることやら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイトル奪還

タイトル奪還
一方の終点久宝寺駅に到着。これでJR西日本完乗タイトル奪還だ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おおさか東線

おおさか東線
やって来たのは201系通勤電車。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放出駅

放出駅
やはり1日も早く乗っときたくなって、おおさか東線の始発駅、放出にやって来た。これで「はなてん」とは関西人以外絶対読めない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新線開通

うっかりしていた。

昨日漠然と大阪近郊大回り乗り鉄をして、帰ってきてから気がついた。

どうやら知らぬ間に「おおさか東線」なる新線が開通したようだ。

普段利用するような地域でもなし、それだけなら「ふーん」ってなもんだったんだけど。

よく考えたら、3年程前に達成した「JR西日本完乗」が破れた、という事になるではないか。

JRは廃止こそあれ、新線開通ってあまり考えてなかったんだけど。

こりゃ早めに乗りに行かなきゃ気分がスッキリしない。っつーか昨日乗っとけよって話だな。

この分では既に完乗達成済みのJR東海、JR四国も気をつけとかなきゃ。まぁ四国は心配なさそうだけどね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

日本探見二泊三日(No-23)

昨晩遅く宮脇俊三著「日本探見二泊三日」を読了。

図書館で新たな宮脇氏の文庫本を発見。すかさず借りてきた。

やはり宮脇氏の文章は良い。恬淡としていながらも味がある。

ただ本書は旅行雑誌の取材旅行のまとめであり、対象が鉄旅ばかりではないので、氏の気分かちょっとあっさりしすぎの感もある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

悠久の急行列車国鉄からJR へ(No-22)

種村直樹著「悠久の急行列車 国鉄からJRへ」を新快速の中で読了。
もう急行列車なんてまず見ないよなぁ。
貴重な夜行急行きたぐにに乗っとかないといかんなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

長浜行き

長浜行き
近江塩津からは琵琶湖の東を回って帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近江塩津駅

近江塩津駅
大回り乗車の出来る北限まで来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢紀行の中

夢紀行の中
こんな感じの幕の内弁当。おかずが多くて酒のつまみにもなり、満足でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢紀行

夢紀行
買ったのは一番安い夢紀行800円。

-追記-

燃えた割りに緊縮財政の折から、一番安いの買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

駅弁屋水了軒

駅弁屋水了軒
仕事でよく脇を通過する。いつもは横目で、いいな〜と思うばかりだけど今日は買える。

-追記-

ホビスタの後は、折角尼崎まで来たし、と大阪近郊区間大回りの電車の旅に出た。

よく仕事の時横を通過する新大阪駅の水了軒で、今日こそ駅弁を買ったろ、と燃えました。

一度買いたいな~といつも指くわえてたからね。まさか仕事先に駅弁持ってけないし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

でかいジオラマ

でかいジオラマ
ホビスタのジオラマはデカかった。
子供の頃ちょっとだけ鉄道模型をいじってたのを思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山ライトレール

富山ライトレール
幸せを呼ぶ赤があったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

余部鉄橋

余部鉄橋
があったり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホビスタ

ホビスタ
今日は連休の狭間の平日だけど、年休を取って休み。
尼崎に去年出来たホビスタに行って見る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 1日 (木)

串カツ屋

串カツ屋
商店街の中で発見。遅めの昼食にする。

自分はいも・牛・玉ネギ・あじ、奥方様は玉ネギ・牛・あじ・牛+ラムネで〆て720円。

旨かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

東山商店街

東山商店街
午後からは奥方様をさそって久しぶりの東山商店街。

見てあるくだけでも楽しいアミューズメントだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

今日は図書館

今日は図書館
やっと休みになったが金もないので図書館へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モーロー

今日(またまたもう昨日か)もお仕事頑張った。

久しぶりに23時過ぎまで真面目に仕事したよ。疲れた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »