« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月28日 (日)

屋内プール

屋内プール
の中では暑くて熱い戦いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ポートピアホテルでランチ

ポートピアホテルでランチ
息子の出番まで大分時間があるので、近くのホテルのダイニングでランチにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高校総体

高校総体
息子高校最後の大会。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月27日 (土)

香住鶴本生

香住鶴本生
香住に出張した先輩にまた買ってきてもらった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NIXON

NIXON
父の日兼誕生日祝いにNIXONの時計を買ってもらいました。嬉しいっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

文化祭

文化祭
息子の高校の文化祭に来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本VSトンガ

朝からスカパーでラグビー観戦。

ヒヤヒヤもんだったが、21-19と何とか2点差で逃げ切った。

相変わらず、裏に出られるとディフェンスがヤバイ。

というか一次ディフェンスが1対1では止められないのがいけない。

でも1対1で確実に止めるのは相当ディフェンス力の高いプレイヤーでも、難しいからな。

なんにしろ勝って良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マイケル・ジャクソン死んじゃったのか

昨日の夕刊1面に大きく載ってたね。

かなりびっくり。

高校1年の時「オフ・サ゜・ウォール」のアルバム(当時はまだLPレコードだったと思う)が大流行したな。高校生も踊れるダンスナンバーが多くて、DISCOでも良くかかっていたし、学校の文化祭でもこれで踊っていた。

その後空前絶後の大ヒットになった「スリラー」が出たのは大学1年だったと思う。

当時MTVが見れるようになった頃で、やたらめったらあのゾンビと踊る映像が流れていたのを思い出す。

90年代以降はゴシップや奇行で話題になる事が多くなってしまったが、70-80年代のマイケルは本当に無敵のポップスターだった。

繊細で傷つきすぎたスターに合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月24日 (水)

U20 日本VSウルグアイ、フル代表日本VSジュニアオールブラックス

スカパーで続けざまに代表戦2試合を見た。

U20 VSウルグアイは前半40-0だが後半バテて終わってみれば54-17。

確実に勝てるペースだったから、多少気が緩むのは仕方ない。

フル代表のJオールブラックスは正にその裏返しの試合。

前半0-40、後半は相手がバテたか、気を緩めたか後半だけなら21-12、結局21-52というスコア。

ラグビーは基本的に番狂わせのないスポーツで、強いものが勝つ。

無論精神的要素の強い面はあるが、それは実力が伯仲している場合であり、気合で実力差は逆転できず、大健闘どまりだろう。

大西鉄之助率いる日本代表がJオールブラックスを破った40年前の一戦は、ラクビー先進国にとっては未知であった、大西の創造性溢れる日本独特のラクビーと日本ラグビーのパイオニアたらんとした選手の精神力の融合の結果だろう。

既に情報が溢れ、国際化の進んだラグビー界で、東洋の島国において独自の進歩を遂げたラグビーがその本家本元を脅かす、という事はなかなか難しいだろう。

でも僅かな望みは捨てないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月23日 (火)

図説国鉄全史(No-33)

学研歴史群像シリーズ「図説国鉄全史」を昨晩読了。

早くも「国鉄」とは前時代のものとなりつつあるが、私が鉄道にはまっていた頃は無論国鉄でした。

順法闘争、スト権スト、など懐かしい言葉ながら、民営分割化には単なる赤字解消、経営再建だけではなく、組合解体の狙いもあった、と大人の世界を本書で知り、子供の頃訳わからずに体験していた事の背景を理解する事ができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月21日 (日)

平成21年版大相撲力士名鑑(No-32)

水野尚文・京須利敏編著「平成21年版大相撲力士名鑑」を読了。

明治・大正・昭和・平成の歴代幕内全力士を収録している。

読書とは言わないかも知れないが、相撲好きとしては伝説の力士や、自分が子供の頃活躍していた力士、特に主役級ではないが、シブい脇役クラスが載っているのを見つけるのが楽しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年6月20日 (土)

日本VSサモア

遅ればせながら日本VSサモア戦をスカパーで観戦。

15-34と完敗。

後半途中では連続トライを上げ、15-12と一時逆転したのだが・・・。

スタミナ切れか、後半の中ごろ以降ディフェンスが甘くなり、次々とトライを奪われた。

次戦はJオールブラックスだし、更なる惨敗が予想される。

唯一の勝利のチャンスはトンガだろう。せめて1勝はしてほしいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末定番

週末定番
と言えば図書館。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

20世紀少年 20-22巻

遂に最終巻まで読んだ。先に読んだ息子の言う通り、最終巻でありながら全くケリのついて無い終わり方。

21世紀少年に誘導する手口なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月17日 (水)

朝湯、昼酒、ローカル線(No-31)

正に私の為にあるようなタイトルに惹かれて図書館で借りてきた、勝谷誠彦著「朝湯、昼酒、ローカル線」を読了。

特に鉄道好きでもない著者が筋金入り鉄の編集者の指令書に従って各地のローカル線を巡る、という「鉄子の旅」に近い筋立て。

酒好き中年オッサンがこれをやるとどうなるか、という当然の帰結ではあるが身近で面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我が母校は大勝

こないだの日曜日は我が母校が京大遠征に来ていた。薄情にも観戦には行ってないけど。

自分が現役の頃にも毎年来ていたが、関東の我が校が泊りがけで遠征試合に行くのはこの遠征が唯一だったので、とても楽しみだった。試合は大抵負けてたが。

ここの所互角の勝負だったが、今年は90点近い大差で圧勝したらしい。

秋の本番も期待しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

MUGUNFA

MUGUNFA
久しぶりに買い物に来たハーバーランドで昼飯。
980円のランチバイキングだから仕方ないが、あんまり食う物無かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

渋谷(No-30)

藤原新也著「渋谷」を昨晩遅く読了。

子供から大人になる端境期の人間像に興味を抱く著者がその対象として渋谷に集まる少女達を取り上げる。

おじさんにとって、ただでさえ異生物の女子高生とまともに向き合い、その心をときほぐし「自分」を語らせる作業。

人を「解ろう」とするのは大変な事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月13日 (土)

阿片王 満州の夜と霧(No-29)

佐野眞一著「阿片王 満州の夜と霧」を読了。

関東軍により「作られた帝国」満州帝国の闇の部分、阿片による中国支配と軍の諜報部に変わって阿片取引の一切を仕切った里見甫を描いたノンフィクション。

60年後に当時ですら闇の世界であった裏社会の真実に迫るのは非常に難しい。

膨大な資料とインタビューで明らかにしようと試みてはいるが、謀略史観にたった推論の域に留まる部分が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U20 日本VSスコットランド

残念、7-12と1トライ差で敗戦。

前半は多くの時間を敵陣で戦っていたが、やはりトップレベルのチームは僅かなスキを見逃さない。

日本のディフェンスは前に前に出るので、二次防御が早くコースに届かないとヤバイ。

二本目を取られたのは正に一発目を外されて二次ディフェンスがコースを潰す前に縦を突破された。

後半も攻勢だったが、FW戦にこだわり時間を浪費した。

サモア戦でモールによるゲインが効果的だっただけに、その戦法はある意味当然の選択ではあったが。

最後まで拘らずに、後半ではモールでゲインした後、散らす選択もあったのでは、と思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

老房

老房
昨日昼飯を食った老房。神仙閣の出店でカジュアル寄り。

海鮮あんかけ焼きそばを食べたが1380円とリーズナブルで美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

帰ってきたVALUESTAR

先週の金曜日あたりから異音がして熱を持ち、しまいに勝手に電源が切れるようになったPC。

日曜日にコンタクトセンターってトコに電話して火曜日に修理に出しました。

その後何も連絡無かったが、今日いきなり帰ってきた。

予想通り冷却ファンの不具合だったようだが、保障期間は過ぎているのにタダで修理してくれたNEC合格。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 9日 (火)

U20 日本VS サモア

20―29 惜しい試合だった。トライ数は4本4本だったのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 7日 (日)

浜福鶴

浜福鶴
灘は魚崎の酒。地元の酒だが多分初めて飲むなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

U20 日本VSイングランド

スカパーで録画だけど日本VSイングランドを観戦。

0-43と大差で敗れました。ある意味実力通りだけど。

低く、突き刺さるタックルは学生らしくて気持ちよかったけど、マイボールでのミスが多く、また組織ディフェンスの完成度は今一歩で、良く43点で済んだ、というゲームでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバーランド

ハーバーランド
天気はイマイチだが、サイクリングがてらうろうろしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明治天皇御用邸址

明治天皇御用邸跡
ハーバーランドの一角にこんな碑が。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開館前から中央図書館

開館前から中央図書館
自転車で週末恒例図書館へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 6日 (土)

激闘 旅順・奉天(No-28)

歴史群像シリーズ59巻「激闘 旅順・奉天」を再読。

アジアの小国日本がヨーロッパ列強のロシアを破った東洋の奇跡。

坂の上の雲でもその一員だった秋山兄弟の活躍を描いているが、少年期に武士としての精神的教養を叩き込まれ、青年期に西洋の合理性と論理性を習得した軍人達が正に和洋の長所を結実させた人間としてその能力を注ぎ込んだ結果の勝利ではないだろうか。

後の太平洋戦争では精神主義に凝り固まってしまったあの軍隊と同じ国とは思えない。

特に陸軍において、兵力で劣る事を自覚しその差を火力を持って補おう、と考えていた点は、どうして後年に継続出来なかったかと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひょうたんの餃子

ひょうたんの餃子
旅のラストは三ノ宮ガード下で餃子。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひこにゃんワンカップ

ひこにゃんワンカップ
愛知酒造謹製ひこにゃん酒を冷えてる内に味わおう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

元祖鱒寿しの中身

元祖鱒寿しの中身
結構いけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クハ117

クハ117
米原駅に止まってた。もうあんまり見ないなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

駅弁ビール酒セット

駅弁ビール酒セット
電車の旅には欠かせ無い。米原の駅弁、元祖鱒寿し(小)600円とビール、更に滋賀の地酒富鶴ひこにゃん柄。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

米原駅コンコース

米原駅コンコース
米原駅も変わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

不要不急の旅

不要不急の旅
ふらりと電車の旅に出た。木ノ本駅は古い木造駅舎の記憶だったが、米原以北の駅は皆新しくなってしまったようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新説全国寝台列車未来予想図(No-27)

川島令三著「新説全国寝台列車予想図」を昨晩読了。

消え行く寝台列車、私も復活して欲しいけど無理だろうなー。

復活のポイントは電車化らしいが、果たしてJR各社が新造するだろうか?

月光型は好きだけど、改造して使うには古すぎるもんな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 4日 (木)

ヤブこぎ

今日は久々ヤブこぎしました。

若かりし頃、かなーり長い事人が入っていないらしい登山道でヤブこぎした事はあったけど。

そんときゃ元気有り余ってる高校生、大学生だし、当然山登り完全装備だったけど。

今日はネクタイにスラックス(流石に背広は脱いでましたが)、革靴の完全ビジネスマンスタイルで突入。えぇこれも仕事ですから。

髪の毛から靴下まで「ひっつき虫」(あれ正式名称はなんて言うのかな、イガイガでくっつきまくる植物ですけど)だらけになりました。

ハンカチびっしょりになる位汗もかいたし、疲れたぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月 1日 (月)

南
高知は安芸の南酒造場謹製、その名も南。純米吟醸無濾過生酒だけあって結構高かった。旨いんだろーな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »