« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月

2009年7月29日 (水)

東京裁判(下)(No-43)

児島襄著「東京裁判(下)」を読了。

上下とも興味深く読んだ。根本的に勝者が敗者を裁く、というのは納得できないが、戦後日本昭和30年代までは文明による平和に対する裁判、という考え方が主流だった、というのがこれまたアンビリーバブ゜ル。

アメリカべったりも極まれり、と感じる。別に反米主義者ではないが、普通に考えておかしいだろ、と改めて思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

母来神

昨日、名寄の病院を退院した母が17時頃神戸空港着の飛行機で神戸に着いた。

出来れば迎えに行ってやりたかったが、仕事が立て込み無理だった。

仕事で迎えに行くことは無理だとは思っていたので奥方様と下僕1号を派遣、無事家に着いたとの事。

1週間で大分回復しているかと思ったが、帰ってみると眼底骨折した右目は前より酷くなっている感じがする。

顔の他の部分の腫れがある程度引いたので、その部分が余計酷く感じるのかも知れない。

今日は奥方様が仕事を休んで、神戸大学付属病院に連れて行ってくれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

東京裁判(上)(No-42)

児島襄著「東京裁判(上)」を読了。

戦勝国が敗戦国を「平和と人道に対する罪」で裁く、というその成り立ちからして胡散臭い裁判。

だれがどう考えたって勝った方には平和と人道に対する罪は無く、負けたほうには罪がある筈がない。

どのように糊塗しようと、文明的というみせかけだけの首実検だよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名寄見舞い紀行

母親の突然の事故で急遽北海道の名寄に見舞いに行った。折角の北海道だからと僅かに乗り鉄もしてきた。今日はヒマだし簡単に総集編にしました。

Dsc01283 Dsc01282 Dsc01280

7月18日(土)朝8:30神戸空港発のJALで千歳へ飛ぶ。少し寝坊してギリキ゜リで駆け込んだ。千歳も曇り空で寒い。とりあえず札幌へ出て宗谷本線の特急を待つ。

Dsc01278 Dsc01276 Dsc01273

札幌駅では多少の待ち時間があったので駅弁を買ったり、ホームで撮り鉄。これから乗る特急サロベツはかなり古いタイプの車両。国鉄時代からの改造車のようだ。

Dsc01272 Dsc01271 Dsc01269

特急の中で駅弁を食べ、酒飲んでウトウトしてたら名寄に着いた。札幌から約3時間、遠かったなー。見舞いを済ませた後はホテルにCI。増毛の地酒、国稀で一献。初めて飲む酒だった。

Dsc01268 Dsc01264 Dsc01263

Dsc01262 Dsc01261 Dsc01258

翌日は朝早起きして午前中宗谷本線を乗り鉄。雨の中北海道らしい原野を北上。鈍行列車で幌延までたどり着く。

Dsc01255 Dsc01254 Dsc01253

国鉄時代は羽幌線との分岐駅でそれなりに栄えたものだと思うが、すっかり寂れている。駅前食堂も休業中で昼飯確保に苦労したよ。

Dsc01251 Dsc01250 Dsc01247

Dsc01245_2 Dsc01243 Dsc01242

7月20日(月)最終日は朝、病院に顔を出した後、未踏の室蘭本線を一部と千歳線の未乗区間を乗っておこうと岩見沢で下車。まずは苫小牧まで駅弁とワンカップをお供に乗り通す。

Dsc01240 Dsc01239 Dsc01237

Dsc01236 Dsc01235

苫小牧からは千歳線で折り返し、最後は千歳空港で奥方様ご指名の花畑牧場生キャラメルに行列。無事ゲットして任務遂行した後、17:00発のJALで神戸へ帰った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラグビー伝説(No-41)

ナンバー編「ラグビー伝説」を読了。

読む本が無くなったので、本棚から昔買った本を引っ張り出してきて暇つぶしに読む。

1990年の発刊だからもう20年近く前か。でも書いてあることは日本代表と国内大学・社会人強豪チームの歴史、といった内容だからそれほど古臭くは感じない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

床屋帰りに神戸ラーメン

床屋帰りに神戸ラーメン
叩きつける様な雨が時折降る中、神戸ラーメン第一旭で昼飯。

-追記-

ブレブレで全くウマソーに見えませんが、第一旭のBラーメンは結構旨いっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

退院予定

今日母と電話で話をして、退院予定とそのスケジュールを打ち合わせ。

来週27日には退院できるようなので、飛行機をこちらで予約し、神戸に来てもらう事にした。

迎えに来なくても大丈夫だ、と言うしJRの切符くらい自分で買える、と相変わらず「自分の事は自分でやる」気力はあるようなので、神戸空港までは自力で来てもらう事にした。

まあしばらくはウチで過ごしてもらい、右腕が使えるようになったら九州に帰れば良いだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月20日 (月)

夜明け前(下)(No-40)

島崎藤村著「夜明け前(下)」を帰りの飛行機の中で読了。上巻を読んだのは一年半位前だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鶏釜飯

鶏釜飯
普段は駅弁で釜飯はあまり買わないが岩見沢名物と言う事で買って見た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岩見沢駅

岩見沢駅
見舞いの帰りに室蘭本線に乗ろうと途中下車。近代的な駅ビルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

眼底骨折だと

母の診断書が出来て来た。目は腫れてはいるものの異常無い、と聞いていたのに眼底骨折だと。直るのは大分かかりそうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

記念に

記念に
せっかく幌延まで来たのだから、と名寄までの乗車券とは別に幌延駅発行の青春18切符を買い求める。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

幌延駅

幌延駅
ホントは稚内まで行きたい所だが、そうすると名寄に戻れるのが夕方になってしまう。何しに来たか分からなくなってしまうのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名駅舎

名駅舎
北海道スタイルの名駅舎と言われる名寄駅から軽く乗り鉄。気温13度と寒い事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

グランドホテル藤花

グランドホテル藤花
母の見舞いを済ませ名寄のビジネスホテルにチェックイン。母はかなり足を引きずり、顔はお岩さん、右腕ギブスだったがしっかりはしていたので一安心だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと着いた

やっと着いた
遠い〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

石狩鮭めし

石狩鮭めし
札幌駅で待ち時間に買う。北海道と言えば鮭といくらでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌駅

札幌駅
で乗り換え。一時間程待ち時間がある。どうやら気温は20度以下。寒いよ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京フレンチ興亡史(No-39 )

東京フレンチ興亡史(No39<br />
 )
飛行機の中で宇田川悟著「東京フレンチ興亡史」を読了。旨いフレンチ食いたいぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ギリギリだった

ギリギリだった
ちょっと寝坊して神戸空港からの飛行機にギリギリ飛び乗った。

-追記-

これは出発直前8:30頃写した写真。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

誕生日だった

もう昨日になってしまったが、誕生日だった。

息子は友達と行ったUSJで「お父さんの酒のつまみに」とエラく辛いサラミを買って来てくれたし、娘はザッハトルテを作ってくれた。

奥方様はマドレーヌを作ってくれたし、早めにNIXONの腕時計も買ってくれた。

家族それぞれお祝いしてくれて、ありがたい事です。

一人で北辺で入院している母を思えば、かわいそうになる。

自分がラグビーでケガをして入院した時、田舎から飛んできてくれた事を思い出せば、少々遠くても行ってやらねばなるまい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

せわしない

なんだか仕事もたてこんでるのに、明日朝早く見舞いに出発する為に仕度中。

せっかく北海道に行くのに、慌しい。

そりゃ観光に行くわけではなく、見舞いにいくんだからしょーがないが折角久しぶりの北海道なのになー。

留守番の奥方様からは数々のみやげのご指名あり。

2人で行くと費用は倍かかるし、とりあえず今回は私一人で行き、退院時に奥方様に行ってもらうことにしたのでね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

はは呑気だね

名寄に入院中の母とようやくまともに話ができた。

目の上の裂傷は17針ほど縫う、かなり酷いものだったらしい。

右腕の骨折はやはりギプスで固定、今まで聞いていなかったが脚も打撲が酷く、骨までいってないものの、相当痛むようで歩くことはできず、車椅子だという事。

声は元気で、「どうせ九州に帰っても一人だし、この状態じゃ生活も出来ないのでこのまま半月ほど入院してくわ」と呑気っつーか開き直ったっつーか胆の据わったお話し。

利き腕ギプスで車椅子で顔面腫れまくりではさぞかし不自由だろう(顔面はどーでもいいけど)と週末連休だし見舞いに行くことにした。

家計には打撃だろうが、数少ない身内の結構深刻な事態だからね。

奥方様も心配してくれているし、家計から支出してくれるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

北海道で入院

北海道で交通事故に合った母はそのまましばらく名寄の病院に入院という事になった。

大量出血の原因である目のキズを縫い、抜糸までの1週間程度のようだ。

右腕も骨折したとの事だったが、コチラの様子は良く分からない。

まぁ骨折はギプスしとけば直るからね。

ただ、利き腕だから一人暮らしには不便だろうなぁ。

病室だから携帯にはかけてくんな、という程だから元気ではあるようだ。

でも名寄では見舞いにもいけないよ。

今日はたまたまお姫様の保護者面談に駆り出され、午後は休みを取っている。

それはそれとして、母の今後の事を考えなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

のぼうの城(No-38)

和田竜著「のぼうの城」を読了。

我が家のお姫様が学校の図書館で借りてきて「お父さん、これ面白いよ、読んでみなよ、お父さんの好きな歴史小説だよ。」と盛んに勧めてくれるので読んでみた。

確かに面白かった。

秀吉の小田原攻めに際し、北条方の支城である忍城を守る成田家一族成田長親とその家臣団を描く。

攻める石田三成、長束正家、大谷吉継等との攻防のうちに描かれる人物描写が秀逸。

元来脚本家のようだが、いわゆるキャラが立つとでも言うのか、敵味方含めて非常にイメージしやすい人物群像で、歴史小説として優れていると思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

命に別状はないようだが・・・

北海道に登山に行っていた母が交通事故にあったようだ。

前後の事情はまだ良く分からないが、一緒に行った仲間の車に同乗していて、その車がガードレールに突っ込んだらしい。

後部座席に座っていた母はダッシュボードかフロントガラスに顔面を強く打ち、かなりの出血と腕を骨折したとの事。

目を強く打っているので、眼球損傷の可能性があったようだがさっき続報で、どうやら眼球損傷は無く、失明等の心配はないらしい。

運転手と助手席の人はエアバックのおかげで軽傷だとか。

後部座席でシートベルトをしていなかったのだろう。

何かとお騒がせな母だが、今度ばかりは胆を冷やした。

命に別状が無くて本当に良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月12日 (日)

味覚極楽(No-37)

子母沢寛著「味覚極楽」を読了。

「勝海舟」「新撰組始末記」など歴史小説、史伝で有名な著者が駆出し新聞記者時代、昭和2年に東京日日新聞に連載した、今で言うグルメ記事に戦後昭和29-31年に加筆したものを一冊にした本。

元ネタが昭和2年当時の著名人、伯爵、子爵あたりの貴族から大臣、中将、博士、坊主、駅長から高村光雲、印度独立志士ボース、資生堂主人福原信三までいわゆる上流階級の人々の「あそこは旨い、あそこは震災以来味が落ちた」の薀蓄本。

そこに戦後10年たっての加筆で著者のその薀蓄をかたっている人の思い出話、実際にその店に行っての感想などが入っているのが、この本の面白いところだ。

どちらにしても既に歴史上の存在となっている店がほとんどだが、資生堂、虎屋、千疋屋などまだ存在している老舗にはその底力を感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

晩飯は牛角

晩飯は牛角
子供達のリクエストにより晩飯は牛角でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハーバーランドのカフェから

ハーバーランドのカフェから
ヒマなので奥方様とハーバーランドまで散歩した。ちょっと一服。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

正しい物が到着

正しい物が到着
先日間違った物が配送されたTシャツ。今日正しい物が再配送された。お詫びの印しかステッカー類も入っていた。

迅速な対応で良かった。誤配送された物用の着払い封筒も入ってたので、間違えた物は送り返してあげよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

昨日の晩はマッコリ

Dsc01234 昨日の晩は先週末に続き、手作り餃子。

餃子は好きで、特に自分でチーズやら、紫蘇やら色々入れて作り、ラードたっぷりで焼いて食べるのが好きです。

その材料を買いに三宮ダイエーに行った時発見したのが、このマッコリのペットボトル。

韓国で一番飲まれているマッコリ、というキャッチコピーに惹かれて買いました。

焼肉屋でときどき旨いマッコリあるからね。

コレも結構旨くて、つい飲みすぎてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

アレ?違うだろ

今日夕方楽天のスキー/ボードショップで注文していたボルコムのTシャツが届いた。

楽しみにしていたので仕事が終わっていそいそと開梱してみたら・・・アレ?何か違うぞ。

確かにボルコムだし、色も白なんだけど、デザインが?????

こんなんだったかなー、とショップの写真を確認したら、全然違う。奥方様に「すぐ気がつくでしょ」と言われるほど全く違う。

Img55852708 Dsc01233

上がショップの画面での写真、下が届いた現物。

違いすぎるよ、すぐ気付けってのホントに。さっきショップに抗議のメールを送ったが、チャンと交換してくれるんだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

そうか、もう君はいないのか(No-36)

城山三郎著「そうか、もう君はいないのか」を読了。

経済小説から、第二次大戦の戦記物、翻訳まで多くの著作を残した著者の遺稿。

癌で先立った妻への愛情溢れるエッセイ。

愛妻家だったんだなー、と素直に感心した。

自分はここまで妻を愛せているだろうか、と反省します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「満州」の歴史(No-35)

小林英夫著「「満州」の歴史」を昨晩遅く読了。

最近「満州」づいているので、夜中まで読んでしまって寝不足気味だ。

著者は早稲田の大学院アジア太平洋研究科教授で満州国、満鉄、軍政下のアジア関係の著作も多いようだ。

本書はそういった学者先生の本にしてはとっつきやすく、理解不能のややこしい表現もなく、一市民でも興味を持って読める本だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

兵庫県知事選

兵庫県知事選
投票に行かない奴は政治に文句言う資格ねぇ、が持論の私ですから当然投票します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

開港当時關門址

開港当時關門跡
図書館帰りに元町アーケードで発見。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

半蔵神の穂

半蔵神の穂
いただいた日本酒ラスト。

伊賀上野の酒。休みの日はついつい飲みすぎるなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夢山水

夢山水
名古屋の義母からいただいた日本酒二本目。愛知は設楽の蓬莱泉の純米吟醸バージョン。旨い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの鍋蓋山ハイキング

ここの所、散歩もジョギングもせず、怠惰な生活を送っていたので、久しぶりにハイキングに行くことにした。行く先は勝手知ったる鍋蓋山。

Dsc01231 Dsc01232 Dsc01229

まずは紫陽花咲く諏訪神社でお参り。神社の横から少しづつ高度を上げていく。

Dsc01226 Dsc01225 Dsc01222

猩猩池の横で休憩し、大竜寺の綺麗に苔むした石垣を横目に登っていく。

Dsc01220 Dsc01219 Dsc01217

不如帰がさえずり、気持ちよい森林浴をしながら鍋蓋山頂上に到着。

Dsc01216 Dsc01214 Dsc01215

梅雨空ながら、神戸港を見渡しながら頂上でのお約束、ビール。サンドイッチとカレーパンでブランチ。時折吹く風が気持ちよかったー。

Dsc01213 Dsc01212 Dsc01210

帰りは初めてのパターンだったが、登ってきた道をそのまま引き返す。同じ道でも登りと下りではまた雰囲気が違い、なかなか良かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

そして勿論

そして勿論
山頂ではビール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山頂からの神戸港

山頂からの神戸港
梅雨空だけど。鍋蓋山からは港が良く見える。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鍋蓋山頂上

鍋蓋山頂上
二時間程歩いて頂上到着。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

諏訪神社

諏訪神社
日頃の運動不足解消に久しぶりのハイキング。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年7月 3日 (金)

三千盛

三千盛
結局岐阜は多治見の酒、三千盛から飲んでます。もう大分空けちゃったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

日本酒三本

日本酒三本
名古屋の義母が三本も日本酒を送ってくれました。有難い事です。どれから飲もうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈黙のファイル「「瀬島龍三」とは何だったのか」(No-34)

共同通信社社会部編「沈黙のファイル「「瀬島龍三」とは何だったのか」を昨晩遅く読了。

元陸軍中佐、大本営参謀から終戦直前、ソ連軍侵攻目前の満州へ飛び関東軍参謀となった瀬島氏を追う、ノンフィクション。

陸軍の超エリートから11年のシベリア抑留、帰国後は伊藤忠商事でインドネシア、韓国への賠償に伴うビジネスで頭角を現し、副社長、副会長、会長、特別顧問、相談役となり、政財界に大きな影響力を保ち続けた男。

日ソ両方の関係者への多くのインタビュー、本人への取材も含め膨大な資料からその真実を追う。

何度目かの再読だが、最近「満州」に興味を抱いているので面白く読んだ。

旧軍の人脈は敗戦後10年以上たっても脈々と生きていた事を知る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 1日 (水)

免許更新

免許更新
今日は創立記念日で休みなので、免許の更新に来た。エライ行列だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »