« 初利用武蔵小杉駅 | トップページ | 女流阿房列車(No‐13 ) »

2010年3月24日 (水)

乗る旅・読む旅(No-12)

宮脇俊三著「乗る旅・読む旅」を日帰り出張の車中で読了。

前半の日帰り小旅行紀行文と後半の書評・文庫解説という一見ミスマッチな文庫本。

しかし、娘の灯子氏が解説しているように、この本の後半部分に「作家 宮脇俊三」の真髄が垣間見える。

紀行作家というカテゴリーのみならず、作家として非常に高い文章力を持っている宮脇俊三の信条、作家としてのプライドが理解できる一冊でした。

|

« 初利用武蔵小杉駅 | トップページ | 女流阿房列車(No‐13 ) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/47899348

この記事へのトラックバック一覧です: 乗る旅・読む旅(No-12):

« 初利用武蔵小杉駅 | トップページ | 女流阿房列車(No‐13 ) »