« 伊丹から | トップページ | 午後から »

2010年6月10日 (木)

四千万歩の男2 (No‐25 )

井上ひさし著。第二巻を通勤電車を待つホームで読了。いよいよ蝦夷地へ渡り、アイヌと和人との確執に巻き込まれながら測量の旅を続ける伊能忠敬一行を描く。

|

« 伊丹から | トップページ | 午後から »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/48589536

この記事へのトラックバック一覧です: 四千万歩の男2 (No‐25 ):

« 伊丹から | トップページ | 午後から »