« 伊丹から | トップページ | QED鬼の城伝説(No-55) »

2010年10月24日 (日)

大空のサムライ(No-54)

坂井三郎著「大空のサムライ」を神戸からの帰りに読了。何度目かの再読だが面白かった。

|

« 伊丹から | トップページ | QED鬼の城伝説(No-55) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

いわいわと申します 始めまして
私も戦記もの特に太平洋戦争で活躍した零戦が好きです
エース級の零戦パイロットは何人かいますけど
岩本徹三氏などはエース級のエースですね
特に著書に「零戦撃墜王」がありますが
岩本氏の空戦記録が終戦まで書き残されています

投稿: いわいわ | 2010年10月24日 (日) 20時05分

いわいわさん、初めまして。
戦記モノはよく読みますねー。
大空のサムライは小学校の時に読んで以来、数限りなく読んでますが、何回読んでも面白いですね。

投稿: umeG | 2010年10月24日 (日) 21時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/49833695

この記事へのトラックバック一覧です: 大空のサムライ(No-54):

« 伊丹から | トップページ | QED鬼の城伝説(No-55) »