« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

2011年11月29日 (火)

沈まぬ太陽(4)(No-54)

山崎豊子著「沈まぬ太陽(4)会長室編・上」を富山出張の行き返り、帰宅してからも読み続け、先ほど読了。

(3)の御巣鷹山編だったら飛行機の機中で読める代物ではないが、その後の話で良かった。

航空機史上最大の事故を受け、会長に就任した国見の改革に向けたリーダーシップとその右腕となり正義を貫く恩地を描く。

腐敗しきった国民航空の再建はなるか、これまた面白く読ませます。あっという間に3.4巻を読んでしまったので、最終の5巻が届くまでに間が開いてしまう。早く読みたいよー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

富山出張 高岡の朝

高岡の朝
昨日の晩から高岡入り。

-追記-

昨日は慌しく、ブログアップする暇が無かったが、夜高岡入りしていつものビジネスホテルへ。高岡駅近くのホテルで北陸本線が見えるのがお気に入り。部屋は狭いけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月28日 (月)

沈まぬ太陽(3)(No-53)

昨日借りてきた「沈まぬ太陽(3)」をあっという間に読了。

面白くて一気に読み進んでしまう。

カラチ・テヘラン・ナイロビを盥回しにされ、ようやく日本に帰った恩地。

3巻はそれから11年後の御巣鷹山事故から始まる。

航空事故史上最悪の520名が無くなる大事故の遺族お世話係となった恩地の苦悩を描く。

昭和60年のあの事故は自分も大学生でリアルタイムでTVを見ていたから、思い出しながら当時は思い至らなかった残された遺族の傷を改めて思い知った。

涙無くては読めなかったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月27日 (日)

2011-2012シーズン初滑り総集編

去年より20日以上遅くなったが、ようやく初滑りに行って来ました 。

Dvc00003_3 Dvc00004_2 Dvc00005_2 Dvc00006_2

写真で見ると大したことなさそうだけど、リフトが超ゆっくりなので大分リフト待ちがありました。15分ならんで3分で降りてくる、といった感じ。

Dvc00010_2 Dvc00012

コースは2本、くりの木コースとプリンスゲレンデ下半分がオープン。本日のTOP第一ロマンス降り場からの風景。

Dvc00014_2 Dvc00015

第一ロマンスも行列が凄く、更になんだか訳の分からないおばあさん(話が長くなるので詳しくは省略)と乗り合わせ、不快にもなり、とっとと帰る事にした。

Dvc00017 Dvc00019_2

気分治しに横川SAでおぎのやの釜飯で遅い昼飯。自分としてはやはり横川駅の駅弁として食べたい所だが、ご時勢だ。せめて往年の急行志賀でも眺めて少しだけその気になろう。

色んな要素で早めに切り上げたおかげで、関越も流れていて16時には家に着きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

混んでる

混んでる
エライ行列でやんなって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽井沢プリンスホテルスキー場(’12-1)

軽井沢プリンス
今シーズン初滑り。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月26日 (土)

夕飯自作

夕飯自作
今日はシチュー。

-追記-

ブイヨンと赤ワイン投入でいつもより旨かった気が・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野菜直売所

野菜直売所
たまには自転車に乗ろう、とちょっと遠出。割りと街中なのに一角だけ農地があった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年版間違いだらけのクルマ選び(No-52)

北陸出張のお供に持って行った「2011年版間違いだらけのクルマ選び」を先ほど読了。

著者はこのシリーズで名を上げた徳大寺有恒と若手自動車ジャーナリストの島下泰久。

別に車を買い替えるつもりはないが、むかーし読んだこのシリーズを思い出し7年ぶりに2011年版として出た、と何かで見たので図書館から借りてきた。

車を買うつもりでなくてもなかなか面白く読めました。外車、特にドイツ車に対してちょっとコンプレックスがあるのでは、と思わすほど評価が高いのが気になったけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月25日 (金)

小松空港から

小松空港から
横浜のオフィスに戻ります。

-追記-

北陸は大荒れの天気でとても寒く、雹が降りました。いよいよ冬だなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月24日 (木)

ヨーロッパ軒総本店

ヨーロッパ軒総本店
福井駐在に折角福井に来たなら、と薦められてやって来ました。

-追記-

ご推薦戴いたとおり、美味しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福井金沢出張

福井金沢出張
今日明日は福井金沢。今朝危うく寝過ごす所だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月23日 (水)

旅と鉄道復刊2号

月曜日辺りから咳が出て少し頭痛もする。どうやら風邪引いたらしいので今日は薬飲んでゆっくりしてます。

折角天気も良くて暖かく、絶好の休日なのにもったいないけど。

午前中は乗り鉄として愛読していた「旅と鉄道」が一旦廃刊になったあと復活した第2号を買ってきて読んでました。無論第1号も買ったけど、やっぱりいいなー。

午後はTVで早慶ラグビー見て暇潰そう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月21日 (月)

沈まぬ太陽(2 )(No-51)

山崎豊子著「沈まぬ太陽(2)アフリカ篇 下」を仕事先からの直帰の電車内で読了。
図書館から届くのを待ちかねていた本だけにあっという間に読み終えてしまった。
恩地はついに日本に帰れるのか?早く次巻が読みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月20日 (日)

氷川丸~日本丸 横浜散歩

予定のない日曜日、天気も回復したので、横浜散歩して来ました。

Dvc00001 Dvc00002 Dvc00003

相鉄線、みなとみらい線を乗り継いで元町・中華街駅へやってきました。ここから横浜散歩に出発。

Dvc00005Dvc00006_2

駅から山下公園方面へ歩いて行き、横浜マリンタワーを見上げる。山下公園前では横浜女子マラソンの中継車両が停まってました。

Dvc00007 Dvc00010

山下公園からもう一度マリンタワーを振り返り、氷川丸に行く。なかなか優美な船尾だね。むかーし来た記憶はあるけど、随分久しぶりです。

Dvc00011 Dvc00012 Dvc00013 Dvc00014 Dvc00017

アールデコ調のシックな一等食堂室や喫煙室、特別室などを見学。船賃は家一軒買えるほどだそうだから昭和5年建造の船でもそりゃ豪華でした。

Dvc00019 Dvc00020 Dvc00021 Dvc00024

今日は本当に暖かで天気も良く、氷川丸から見る横浜港もいい景色でした。

Dvc00026 Dvc00027 Dvc00029

氷川丸を2時間位かけ堪能した後は大桟橋に向かいます。桟橋の屋上はウッドデッキになっていてとても眺めが良い。設計者のセンスの良さを感じます。先ほど見学した氷川丸や彼方のベイブリッジが一望できます。

Dvc00030 Dvc00032

大桟橋から臨港線プロムナードを通って以前奥方様と来た赤レンガ倉庫へ。今回は通過です。

Dvc00034 Dvc00036 Dvc00038 Dvc00039

汽車道を通って日本丸前に出ました。いい散歩道だった。日本丸は入場料をけちって入らず、そのまま桜木町駅へ向かいました。

Dvc00043 Dvc00044 Dvc00045

桜木町駅前の王将の餃子とビールで遅い昼飯。京浜東北線に乗って帰りました。晩酌用に旨そう、と思った滋賀の酒、香の泉を買ってきました。

ヒマに任せて横浜観光して来ましたが、いい散歩になったし港風景を楽しめて良かったです。そのうち伊勢佐木町や野毛あたりのディープな地帯も探検しよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

玉子と豚肉のチリトマト炒め(2)

湯楽の里から帰った後は夕飯クッキング。前に作って旨かった玉子と豚肉のチリトマト炒めを再度作りました。

クックドゥでお手軽に作れるのに結構旨い。今回もなかなか美味しかったです。

Dvc00036

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯楽の里

今日は天気が良ければ久々に山でも行こうかと思ってたけど、風も雨も強く山どころじゃないな、と中止。

午前中は洗濯をしてから行政センターに図書館で予約していた、沈まぬ太陽第二巻と間違いだらけのクルマ選び2011版を取りに行って来た。帰りに西友で今日明日の飯食材を仕入れて、昼飯は蕎麦。

その後遠くまで行く気にはならなかったが、近場のスーパー銭湯でも、と瀬谷の湯楽の里に行ってきました。今日はそれほどでもなかったが、火曜日に肩と背中が無茶苦茶こっていたのでマッサージもして貰いました。

Dvc00034 Dvc00035

マッサージをして貰った時、首が本当に痛くて涙出そうだったけど終わった後はなんとなくスッキリ。「大分こってましたねー」と言われてしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月16日 (水)

なかなか取りに行けない

図書館に予約していた沈まぬ太陽(2)が届いた、と横浜市行政センターからメールが来たが、なかなか取りに行くヒマが無く、未だ入手出来ていない。

早く読みたいけど、時間がなー。もっとサラリーマンに配慮した開所時間にしてくれないと受け取れないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月14日 (月)

週の初めから疲れたよ

今日は朝から外で立ち仕事をして1時過ぎにオフィスに帰り、すぐさま会議が続き更に溜まったデスクワークを精一杯こなし、とても疲れた一日だった。

半日程度の屋外仕事と多少遅くなったとはいえ5時間程度の会議+少々のデスクワークで疲れてしまうとは年とったなー。

最近体力の衰えを感じる事が多くなった気がする。ヤバイな、運動しなければ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月13日 (日)

豚の角煮

豚の角煮
今日の夕飯は豚の角煮を作ってみた。初挑戦のメニューだったが結構旨かったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月12日 (土)

そごうでお寿司

そごうでお寿司
今日明日は館山に帰ります。弟家族も来るそうだ。高速バス内での昼飯に、とバスターミナル横のそごうで寿司を買いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月11日 (金)

清水日帰り出張

清水日帰り出張
今日は寒いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

eb’sのGlove

名古屋に行く前に楽天で注文していたeb’sのGloveが留守中に届いたようで、不在連絡が入っていた。

今日は早めに帰れたので連絡したら早速再配達されました。

いよいよシーズン近しだなー。

Dvc00027

| | コメント (0) | トラックバック (0)

沈まぬ太陽(1)(No-50)

山崎豊子著「沈まぬ太陽(1)」を昨晩名古屋出張の帰りに読了。

面白い。一昨日の晩名古屋のホテルで思わず読みふけってしまって昨日は寝不足気味でした。

おかげさまで弊社ではこんな報復人事は聞いた事無いけど、サラリーマンもつらいなー、と思ってしまいます。

早く2巻を借りて来たいと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 9日 (水)

日付変わるな

日付変わるな
大分遅くなってしまった。家に着く頃には日付変わるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 8日 (火)

鶏ちゃん

鶏ちゃん
今日は山ちゃんでは初めて、奥美濃名物鶏ちゃんを頼みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

手羽先

手羽先
まぁ当然ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

山ちゃん

山ちゃん
ほんとに変わり映えしないが、名古屋と言えば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名古屋へ

名古屋へ
明日朝早くから知多でお仕事の為、これから名古屋に向かいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 7日 (月)

幻の時刻表(No-49)

曽田英夫著「幻の時刻表」を読了。

神戸から機中の暇潰しに、と持ってきた本を先ほど読了。

鉄道運転運輸史をライフワークにしている、と語る著者だけあって戦前の日本、鉄道成長期の時刻表を中心に当時を思い起こす。

戦前日本ですから樺太、満州、台湾を走る鉄道についても触れていて、いまや想像の世界でしかないが、東京発パリ行きなどワクワクさせます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 6日 (日)

帰りは神戸空港から

帰りは神戸空港から
羽田に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 5日 (土)

インフルエンザ予防注射

インフルエンザ予防注射
今回神戸に帰って来た理由のメインはこれでした。奥方様の、今年もみんな打ちましょう、のご意見に従い家族全員予防注射。
奥方様は医者から、皆さん一家の顔を見ると今年も冬が来たなぁと思う、と言われたそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 4日 (金)

北の蔵

北の蔵
神戸勤務時代の先輩としこたま飲みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブタヒレチーズ燒

ブタヒレチーズ燒
旨かった。さすが行列の出来る店。奥方様が食した看板メニューのビフカツも絶品だったそうです。一口食べたが確かに旨かった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

洋食の朝日

朝日食堂
かねてから行きたいと思っていた洋食の朝日に奥方様と来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

土方歳三 物語と史蹟をたずねて(No-48)

横浜から神戸に帰る機中の暇つぶしに、と持って帰ってきた童門冬二著「土方歳三 物語と史蹟をたずねて」を昨晩読了。

今年5月に神戸から横浜への機中の暇つぶしに、と持っていった本。軽く読めるので丁度暇つぶしには好都合なので再読。

主人公だから当然と言えば当然だけど、土方がえらく良い人間として描かれているのが少々贔屓の引き倒し気味だが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 3日 (木)

羽田から

羽田から
伊丹に飛ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月 2日 (水)

沿線風景(No-47)

原武史著「沿線風景」を帰りの通勤電車内で読了。

日本政治思想史専攻の学者にして、鉄としても有名で何冊かの著書のある著者が書評と旅行記と味のコラボレーションと言うのか、合体版とでも言うべき本作を出しました。

前書きの中にも「そもそも、書斎でじっくりと読書に集中できる人など、いったいどれくらいいるだろうか。」と述べている通り、鉄道と読書は切っても切れない関係にあると私も思います。

多くの人もそうだろうと思うが自分の読書時間は通勤や出張、或いは乗り鉄の車中など移動時間が大半です。

旅行記と書評の合体はある意味、正しいシチュエーションでの評論ではなかろうか。

本作中に登場するいくつかの書籍は図書館で借りようとメモったし、旅行記もなかなか面白く、単なる書評よりよっぽど面白く読みました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »