« ああ野麦峠('12-7) | トップページ | 箱根駅伝 »

2012年1月 3日 (火)

2012第三回遠征攻撃-年末年始恒例家族で木曽

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

毎年恒例の年末年始家族スキー&ボードに行って来ました。母と息子が来れなかったのは残念だけど、妻と娘と4日間を過ごせたので良かったです。

Dvc00002 Dvc00004 Dvc00005 Dvc00006

12/30は12時過ぎ木曽福島着の中央本線特急しなので神戸からやってきた奥方様、お姫様をお迎え。お姫様がすっかり女の子らしい格好でやって来たので、最初はわからなかったよ。年頃の女の子はあっというまに様子が変わるなー。

初日は滑らない予定だったので、早速昼食に向かう。開田高原方面に向かうとき何度も前を通り気になっていた上、中々の評判を聞いていた蕎麦屋、時香忘に行って見た。

構えからして高そうなのだが、実際蕎麦一枚、一杯で1200~1800円程とお高い。ただしこだわりまくりのお品書きというか能書きの通り、旨いのは旨い。まあ蕎麦に1500円だからなー。旨くなかったら金返せだよね。懐に余裕のあるときには是非お試しあれ。

Dvc00007

更に夜は会社の保養所でいつもながら旨くてたっぷりの夕食を戴いた。写真はあくまで前半のお料理。後半更にてんぷらやらうどんやらデザートまで出てくるのが凄い。

Dvc00008  Dvc00010 Dvc00011Dvc00012_2 Dvc00013

大晦日はおんたけ2240に滑りに行った。駐車場がやけに空いていて近くに停められたし、人出が少ないなーと思ったらゴンドラが動いていない。窓口でゴンドラ動いてないようですが、と聞いたら、運休です、と一言。いつまで?と聞いたら今シーズン一杯運休です、と答える。それって運休って言わネーだろ、と思いながら滑り始める。

天気は快晴だし人は少なくて滑りやすかったが、おんたけも白樺・高原エリアに続きチャンピオンコースも閉鎖になるし、木曽の盟主としての面影は無いね。実質リフト4本の小さなゲレンデになってしまったよ。

Dvc00015 Dvc00017 Dvc00018 Dvc00020

昼飯はプラザオリオンでペッパー焼肉丼のハーフ。豪勢な夕飯が待ってるしハーフで充分。

午後からも快晴の天気で中央アルプスや乗鞍、北アルプス、南アルプスまで見える絶景でした。御岳山は独立峰だから晴れた日は360度良く見えます。

Dvc00021

大晦日の晩も豪華な夕食に舌づつみ。夜は紅白と行く年来る年を家族(と言っても息子抜きだが)で見て新年を迎えた。いつまで出来るかな?

Dvc00022 Dvc00023 Dvc00024 Dvc00027 Dvc00030 Dvc00031

元旦はいつものやぶはらがどうも雪不足で一部コースが滑れないようなので、家族連れでは初めての野麦峠に行った。でも野麦峠も一部コースは閉鎖されていて、標高が高い分だけ雪はカリコリで奥方様には不評だった。1時過ぎには元旦の振る舞いという事で、餅つきがあり、ゆるキャラが愛想を振りまいていました。

Dvc00032 Dvc00033

午後は下で滑る、という奥方様を置き去りにして、お姫様と二人で上部コースへ。疲れの出てきた親父は3回ほどコケまくりましたが、お姫様は一度もコケず。初すべり(正確には昨日が、だけど)にしては上手いもんだ。3時には上がって一風呂浴びた後、今日も旨い夕飯を満喫。夕飯後は無料のカラオケルームで家族三人歌いまくりました。

Dvc00035

保養所最後の朝食。いつもこんな感じで基本和朝食にクロワッサンが付いてきます。このクロワッサンがまた結構旨くて、ごはんで和食を食べた後にコーヒーとクロワッサンで朝食ダブルヘッダーしてしまう。

Dvc00036 Dvc00038

1月2日は滑らず、3時半の電車の時間まで観光しよう、と決めていたので木曽をブラブラ。まずは宮ノ越の義仲館に行ってみたが休館。そりゃ正月だもんな。

Dvc00042 Dvc00043 Dvc00045

では妻籠宿へ久しぶりに行ってみよう、と南下中桃介橋をくぐる。いつも通過しているけど寄った事ないね、寄って見ようかと奥方様と一致し、ちょっと寄り道しました。

電力王福沢桃介(諭吉の息子)が木曽川電力発電の資材運搬のために架けた木造の橋です。勿論復元ですがちゃんと渡れます。木曽川の水が綺麗だったー。

Dvc00047 Dvc00048 Dvc00051 Dvc00052 Dvc00054 Dvc00056 Dvc00058

久しぶりの妻籠宿を散策し、入館料を取られる脇本陣や本陣の施設は全て表からのみ眺めて済ます。そろそろお昼ごはんだね、どうしようかと言いながら歩いていたらおやき屋さんを発見。いろりがくべられていて、聞いてみたら買ったおやきをそこで焼いて良い、との事。かねてお焼きは蒸したままでは美味しくない、焼いてこそ本当のお焼き、が持論の私としては絶好のコンディション。早速昼飯はココ!と決定し茄子お焼きと野菜お焼きで昼飯。奥方様、お姫様もそれぞれ好みのお焼きを選択。美味しかったと好評だった。

Dvc00059

遅めの昼食後木曽福島まで戻ったが、電車の時間まではまだしばらくある。近くの神社で初詣だ、とやってきたがさすが木曽だけあって御嶽教の神社だった。奥方様はなんか違う、違和感ある、と抵抗していたが、私は何にしろ神道ではないし、更に言えば仏教徒でもなくキリスト教徒なので 全く頓着せずお賽銭を上げて帰宅道中の安全と、適当な所での単身赴任の終了を祈念しといた。

木曽福島駅で別れた後は中央道のUターン渋滞に巻き込まれたが、16号の渋滞が予想外に大した事無く、5時間半ほどのドライブで行きよりプラス1.5時間程度で済んだ。

なんだかんだ言ってもやはり家族と過ごせる時間はいいね。楽しい年末年始でした。

|

« ああ野麦峠('12-7) | トップページ | 箱根駅伝 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

スノーボード」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/53643746

この記事へのトラックバック一覧です: 2012第三回遠征攻撃-年末年始恒例家族で木曽:

« ああ野麦峠('12-7) | トップページ | 箱根駅伝 »