« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月28日 (火)

テロルの決算(No-17)

沢木耕太郎著「テロルの決算」を名古屋出張の移動中に読了。沢木氏のノンフィクションはどれも良いが、この本もとても面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

名鉄に乗って

名鉄に乗って
赤い名鉄電車に乗って帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

急遽名古屋出張

急遽名古屋出張
昨日深夜に急遽決定。朝一旦オフィスによって新横浜へ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月26日 (日)

館山詣で

この週末は館山に帰ってきた。

毎度の事だけど、正直父と過ごすのは辛い。親孝行と思えばこそ帰るが、父以外の人間にとっては介護施設に入ってくれた方がどれほど楽かと思う。

本人は嫌だろうし、また集団生活に耐えられる人間ではないだろうし。

そうは言っても自分が横浜に居れるのも限られた年数だし、真剣に父の今後を考えねばならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月23日 (木)

ちゃれんじ?(No-16 )

東野圭吾著「ちゃれんじ?」を小田原出張帰りの小田急車内で読了。
オッサンボーダー作家として知られる著者がスノーボードを中心に綴ったエッセイ集。
おやじボーダーとして共感する内容で、あっという間に読み終えてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月22日 (水)

プリンセス・トヨトミ(No-15)

万城目学著「プリンセス・トヨトミ」を清水出張帰りの新幹線車内で読了。

職場の先輩から面白いよー、と貸してもらった本。

最初は展開が読めず、どこがどう豊臣家の末裔に繋がるのかさっぱり分からなかったが、テンポ良く読ませるのは筆者の力だろう。

段々糸が繋がっていって最期のクライマックスに持って行き、ハートのある結末を迎える所も中々いい。

強引な部分もあるが、まあエンターテイメントと思えば許せる範囲。

違う著作も読んでみようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

こだまで

こだまで
静岡から帰る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

清水日帰り出張

清水日帰り出張
今日は清水出張。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

マッコリ

先週ずーっとおなかの調子が変だったので、土日神戸に帰った際はマッコリを飲んだ。「乳酸菌のお酒」と書いてあったからなんだけど、そのせいかやや調子よくなった。

よって今日も帰りに西友でマッコリ買って来て飲んでいる。

調子悪いなら酒飲むな、という至極まっとうな判断はしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

夜と霧の隅で(No-14)

横浜へ戻る神戸空港で北社夫著「夜と霧の隅で」を読了。
軽く読むにはちょっとヘビーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神戸空港から

神戸空港から
横浜に戻る。出発20分前になっても機材が到着しない。こりゃ遅れるな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チョコレートケーキ

チョコレートケーキ
遅ればせながら、奥方様手作りのケーキをバレンタインのプレゼントで戴きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月18日 (土)

神戸の床屋で

神戸の床屋で
髪を切る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

けさめし

けさめし
名古屋出張のホテルの朝食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

日本沈没 第二部 下(No-13)

小松左京+谷甲州著「日本沈没 第二部 下」を行きの通勤電車内で読了。

日本は再建されるのか?と読み進むうちに、氷河期の到来予測と共に、むしろ国土を持たないコスモポリタンとして生きる道を選択する未来の日本人というストーリーに気づく。

現に国土を持つ日本人としては実感しずらいが、ifの世界で国土を持たない国民となれば、国境の無い地球という世界の方がリーダーシップを発揮できる、というのはうなずける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

今日もお見舞い

今日もお見舞い
せいぜい母親孝行しておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ねぎ玉牛丼

ねぎ玉牛丼
今日の昼飯は久しぶりのすき屋で牛丼。

-追記-

すき屋の牛丼は本当に久しぶりな気がする。神戸にいた頃は外回りの途中にしょっちゅうすき屋で昼飯食ってたけどなー。ねぎ玉も当然久しぶりだったが、旨かったよ。これで380円は安い。ゲレ食にも見習って欲しいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月11日 (土)

群馬方面攻撃総集編

買っておいた東急&プリンスリフト前売り券の使用可能ゲレにたんばらがあったので、初攻撃に行ってみようと思い、攻撃して来た。思いのほか良いゲレンデで堪能出来た。

Dvc00003 Dvc00004 Dvc00005 Dvc00006

低速の第一リフト、高速クワッドの第二リフトを乗り継ぎとりあえずTOPへ。行きの関越も混んでたけど(混んでいたので北関東道回り)、ゲレンデベースもエライ混んでた。でもTOPまで上がるとそれ程でもない。

Dvc00008 Dvc00010 Dvc00012 Dvc00015_2

初級中級用斜面が多いたんばらだが、第四リフト沿いは数少ない上級者用コースがある。といっても他のゲレンデなら中級者用とされてもおかしくない程度の斜度。しかし今日は端パウが残っていて楽しめた。コース外では無かったのでツリーランも楽しんだ。昼飯はウッドランドカフェでメンチカツカレー。ビールは勿論ノンアルコール。

Dvc00016 Dvc00017 Dvc00018 Dvc00019 Dvc00020 Dvc00021 Dvc00023 Dvc00024

行きの関越が混んで滑り始めが11時頃だった事もあって今日は珍しく16時30分過ぎまで滑った。幸い天気は良くなってきて青空の下、気温は低くて雪質は良い状態をキープ、という訳で幸せ気分でガンガン滑る。遅い時間でもまだパウダー楽しめるなんて!青空でのパウダーラン最高でしょ。

ロープを無視してコース外を滑る不逞の輩も見受けられたが、遵法精神に富む自分はちゃんとロープの張っていない林でツリーランを楽しんだ。

いやーそれにしても最高のコンディションだった。ゲレンデ自体の作りも滑り手の動線をキチンと考えて設計されていて、良いゲレンデだと思う。また行きたいなー。

帰りの関越はさぞかし混むだろうと覚悟を決めていたが、案外流れていて北関東道に逃げ込む必要も無く、3時間少々で帰り着いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なかなかのコンディション

なかなかのコンディション
例によってトップまで上がってみて一通り滑ってみた。気温が低くて雪が軽い。端パウ満喫出来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

メンチカツカレー

メンチカツカレー
レストハウスウッドランドカフェで昼飯。混んでたけど一人なので座れた。カレーの味はまあまあかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たんばらスキーパーク(No-157 '12-12)

たんばら
関越も混んだけどゲレンデも混んでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 9日 (木)

母見舞い

母見舞い
元気者の母だが、胃に癌が見つかり入院手術となった。早期だし、大丈夫とは思うけど。休みを取って東海大病院へ見舞い。明日からは重湯も取れるようだ。病院を出る頃にはすっかり夕暮れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

日本沈没第二部 上(No-12)

以前読んで面白かった日本沈没に続編があると知り図書館で予約して、ようやく届いた小松左京+谷 甲州 著「日本沈没第二部 上」をお勉強に行く途中の電車内で読了。

日本列島が無くなり、世界各国に散った日本人のその後って当然気になるよね。

その日から25年後の「日本人」を描く。面白いぞ。早く下巻も読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

2012第四回遠征攻撃上越編

上越国際って昔行ったことがある気がして、既攻撃ゲレンデとしてカウントしていたが、どうも記憶が薄い。プリンス&東急系ゲレンデの前売券を買ってあり、それで六日町八海山に初見参しようと思っていたのでこの際行っておこう、と上国&八海山遠征して来た。

Dvc00002 Dvc00003 Dvc00004

初日は上越国際を攻める。朝5時起きのつもりが目覚ましかけ忘れて起きたのは6時20分。あわてて支度して出発したが、関越大渋滞にはまり大沢駐車場に付いたのは11時過ぎだった。

滑り出してからこのゲレンデはやたら横移動が多い事が判明。そんな記憶は無いし、どーも以前来ているというのは勘違いで初見参のようだ。もう過去に攻撃済みゲレンデにカウントしているから、攻撃済みゲレンデのカウントとしては増やさないでおこう。

Dvc00006 Dvc00007 Dvc00008 Dvc00009

ゲレンデは広大なのだがおおまかに言って3つのゾーンに別れており、基本的にお互いに滑り込む事が出来ない。なので全コース滑ろうとするとしょっちゅう連絡リフトに乗らざるを得ない。

Dvc00013 Dvc00014 Dvc00015 Dvc00016 Dvc00017 Dvc00018

腹も減ったし昼食を、とゲレ食に入るが「ホルン」「おしるこ茶屋」とも満員で入れない。こりゃまいった昼食難民か、と覚悟を決めたとき、おしるこ茶屋の奥にレストランゆもとを発見。どうやらスキー場直営ではないコバンザメ商法のようだが、そんなのどうでもいい。肉じゃが定食は結構リーズナブルで旨かった。

出遅れただけに、昼食後もしっかり滑りました。でもやっぱり横移動の多いゲレンデだったなー。そんなに降ってなかったし、雪景色マニアに私としてはそれもまた良かったけど。

Dvc00020 Dvc00022 Dvc00023

さて今宵のお宿は会社の提携保養所で六日町周辺で最も安い所、と血眼で捜したビジネス旅館龍気別館。「ビジネスにも湯治にもどうぞ」というだけあって大浴場は天然温泉。(夕方は入湯客一杯で写真は朝風呂の時撮った)部屋は一人じゃもったいないような広さだった。

Dvc00024 Dvc00025

夜ガンガン降っていたのである程度予想はしていたが、流星Ⅶ号は朝こんな姿だった。

Dvc00028_2 Dvc00027 Dvc00029 Dvc00030 Dvc00031 Dvc00032 Dvc00033 Dvc00036

6時半に起きて朝風呂に入り8時から滑り始めるぞー、と意気込んで寝たものの起きたのは7時20分。朝風呂はしっかり入ったが滑り始めたのは9時だった。

八海山は正真正銘の初見参。様子が分からないまま第一駐車場に駐車したら、ロープウェイまでリフト一本乗らなければならなかった。ロープウェイで上がったTOPはガスガスで視界は無い。

視界は悪かったが中級者向きのロングコースあり、パウダーゾーン(重かったけど)あり、パークありで楽しかった。

Dvc00040_2 Dvc00041

ゲレ食レストランあんにんごは地産地消のこだわり古里創作料理とかだそうだが野菜カレー1100円は高いっしょ。

Dvc00042 Dvc00043 Dvc00044 Dvc00047 Dvc00048 Dvc00049 Dvc00050

昼飯後TOP付近のガスも晴れてきたようなので、もう一度ロープウェーに乗りTOPに上がった。快晴という訳では無いが、ガスの晴れてきたTOPからは魚沼平野が良く見える。午後になって益々重くなってきた新雪の食い残しを拾いながら滑っていたら、バックドロップゴケ。重い新雪の中でバックドロップ状態からしばらく抜け出せず、古傷の首が痛かった。今でも痛いけど、バンテリン塗っといたので大丈夫だろう。明日朝頼むぜ、首!

首も痛いけど、腿もね、っつー事と、行きの関越大渋滞に懲りて渋滞始まる前に帰ります、っつー訳で12時30分に駐車場を出発。目論見通り渋滞は無く、16時10分に帰り着きました。随分早く着いた気がするが、行きとの違いは一時間程度かー。

自分土産は珍しくスキー場の売店で買った高千代。早速飲んでます。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雪室野菜のスパイシーカレー

雪室野菜のスパイシーカレー
ゲレ食は古里創作料理あんにんごと洒落た名前。メニューの中では安めのカレーにした。それでも1100円です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

未圧雪ゾーン

未圧雪ゾーン
未圧雪ゾーンには昨晩の新雪が残っていて無茶苦茶楽しんだ。最後にはパークの塩ビとボックスにもご挨拶。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

六日町八海山(No-156 '12-11)

六日町八海山
初攻撃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 4日 (土)

今宵の一本

今宵の一本
は長岡の銘酒、朝日山のひやおろし。旨そうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

龍気別館

龍気別館
今宵のおやどは六日町のビジネス旅館。ビジネスにも湯治にもどうぞ、というだけあって風呂は天然温泉だし、部屋は一人じゃもったいない位広くて、しかも安い。なんかあるんじゃないかと逆に疑っちゃうよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

肉じゃが定食

肉じゃが定食
危うく昼食難民になる所だったが、おしるこ茶屋の奥のレストランゆもとで空席確保。肉じゃが定食750円はリーズナブルで旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

横移動

横移動
上越国際はやたら横移動の多いゲレンデだった。向かうからも乗って来ます。以前来た事あると思ってたけど、初めてだったかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

上越国際('12-10)

上越国際
関越の大渋滞を乗り越えやって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

房総 里見一族(No-11)

今日も移動時間の多い一日だったが、移動中に川名 登著「房総 里見一族」を読了。

郷里の戦国大名の栄枯盛衰を描いた一冊だけに読むペースも早く、2日で読み終えてしまった。

最盛期には北条氏に迫る勢いを示しながら、最期は悲しい。子供の頃は、もし里見が幕藩体制を生き抜いていたら、というIFを夢見たものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

東京急行電鉄(No-10)

広岡友紀著「日本の私鉄 東京急行電鉄」を昨晩読了。

「相模鉄道」も読みましたが、ちょっと前に「東急VS西武」を読んでいただけに、これも中々面白かった。

著者が田園都市線沿線住民というのを差し引いても、東急の魅力が充分伝わる本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

西武多摩川線

西武多摩川線
西武多摩川線
今の仕事は出張、移動が多いのが大変と言えば大変だが、たまに余禄もある。仕事の移動で西武多摩川線に初乗車の上、完乗。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »