« 東京急行電鉄(No-10) | トップページ | 上越国際('12-10) »

2012年2月 3日 (金)

房総 里見一族(No-11)

今日も移動時間の多い一日だったが、移動中に川名 登著「房総 里見一族」を読了。

郷里の戦国大名の栄枯盛衰を描いた一冊だけに読むペースも早く、2日で読み終えてしまった。

最盛期には北条氏に迫る勢いを示しながら、最期は悲しい。子供の頃は、もし里見が幕藩体制を生き抜いていたら、というIFを夢見たものです。

|

« 東京急行電鉄(No-10) | トップページ | 上越国際('12-10) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/53893116

この記事へのトラックバック一覧です: 房総 里見一族(No-11):

« 東京急行電鉄(No-10) | トップページ | 上越国際('12-10) »