« 雨の富山空港 | トップページ | かぐら(’12ー16) »

2012年3月23日 (金)

華麗なる一族 下(No-21)

富山出張の帰りについに読了。阪神特殊鋼は倒産し阪神銀行は大同銀行と合併、万俵大介はその冷徹な計算通り新銀行の頭取となる。一方で息子の鉄平は自殺、次男の離婚、次女の婚約破棄など華麗なる一族はバラバラになって行く。そして発足したばかりの新銀行に待ち受けている運命は、と息をもつかせぬ展開でした。山崎豊子は本当に凄い。

|

« 雨の富山空港 | トップページ | かぐら(’12ー16) »

仕事」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/54289971

この記事へのトラックバック一覧です: 華麗なる一族 下(No-21):

« 雨の富山空港 | トップページ | かぐら(’12ー16) »