« 南海加太駅 | トップページ | 千里へ »

2012年8月 1日 (水)

後白河院(No-39)

和歌山出張の帰りに井上靖著「後白河院」を読了。

平清盛を見ているて後白河法皇の人物に興味を持ったので、図書館で借りてきた文庫本をようやく読み終えた。

苦戦した大きな要因が字の小ささ。昔の文庫本なのでとても字が小さい。近眼が進んでいる上に、ここの所PCやTV、本などを一時間以上集中して見ていると、右目と右後頭部が痛くて仕方ない。

その目で小さい活字を追うのが大変で、読むスピードが上がらなかった。まあ内容的にもやはりその時代背景の理解が十分でないので、ついていけなかった、というのもあるけど。

|

« 南海加太駅 | トップページ | 千里へ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/55329276

この記事へのトラックバック一覧です: 後白河院(No-39):

« 南海加太駅 | トップページ | 千里へ »