« 白浜駅の駅弁 | トップページ | 関空へ »

2012年9月 9日 (日)

乗り鉄で温泉 総集編

この夏の青春18きっぷが使える最後の週末に、奥方様を道連れに乗り鉄&温泉旅行に行って来た。ちいとばかり暑かったけど、小原庄助さん状態最高だった。

Dvc00002 Dvc00012 Dvc00013 Dvc00014 Dvc00018 Dvc00019

快速、鈍行を乗り継いで御坊駅で下車。ちっちゃなローカル私鉄、紀州鉄道を乗り潰す。終点西御坊までは約8分の小さな旅。保線が悪くて30Km位の速度でも良く揺れた。

Dvc00020 Dvc00022 Dvc00024 Dvc00026

折り返しの30分程の時間を利用して御坊の町を散策。奥方様が素早く情報収集してきた渋い醤油屋さんでお土産を物色。湯浅、御坊あたりは醤油発祥の地、という事で老舗の醤油屋で醤油を土産に購入。

Dvc00028 Dvc00035 Dvc00031_2 Dvc00034_2

御坊駅から再び紀勢本線に。中間車に無理やり運転台をくっつけた2両編成で紀伊田辺まで。途中太平洋も見え、景色を楽しんだ。田辺は弁慶の出身地、という事で駅前には立派な銅像が。

Dvc00042 Dvc00043

田辺駅前からのバスを降り、炎天下坂道を15分ほど歩いてたどり着いた白浜温泉の今宵のお宿。部屋に露天風呂が着いていて(ベランダ風呂とも言う)大浴場(という程湯船は大きくないけど)が貸切なのが決めて。部屋付き露天のほうもちゃんと源泉掛け流し(湯量はチョロチョロ程度だけど)で温泉らしい肌触りだったよ。

混み合う前に、とまずは大浴場を貸切で満喫した。

Dvc00044 Dvc00045 Dvc00046 Dvc00047 Dvc00048 Dvc00049

食事は外でドーゾ、のホテルなのでお勧めの「お食事処 もん」に送ってもらって夕食。

食べた順に、大根とジャコのパリパリサラダ、とこぶし焼き、小柱のかき揚げ、太刀魚のタタキ、鯛のあら炊き、釜揚げシラス丼。途中から酔っ払い始め、かき揚げは一個食っちゃってるし、タタキも食いかけ、鯛に至ってはほぼ食い終わってるし、見栄えはしないけど、どれも旨かった。中でもとこぶし生きてた(残酷焼き状態だった)し、小柱も揚げ加減が丁度よくて最高だった。これで酒のんで合計7,800円だったかな?(記憶が定かでは無い)でも間違いなく4,000円/人以下だった。安いよね。

Dvc00051_2 Dvc00053 Dvc00056 Dvc00057

朝風呂入って朝酒飲んで、小原庄助さん気分を満喫した後は、「チョットは観光しようか」ってな訳で名勝千畳敷へ。太平洋を望んできた。

Dvc00073_2 Dvc00064 Dvc00065 Dvc00067

次は朝から太陽カンカン照りの中、10分ほど歩いて海中展望塔へ。流石南紀白浜の海、水はとっても綺麗でさかなも沢山泳いでいたが、ガラスがちょっと汚いのが残念だ。でも中々掃除も出来ないよな、海中だもん。

Dvc00072 Dvc00078_2 Dvc00079_2

帰りは白浜駅からまた18きっぷで帰る。駅弁をしっかり仕入れ、ビールと酒もお供に鈍行列車でのんびり帰ってきた。

テツ、メシ、フロ、サケを満喫した、充実の一泊二日旅行だったなー。

|

« 白浜駅の駅弁 | トップページ | 関空へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

温泉」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

駅弁」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/55619053

この記事へのトラックバック一覧です: 乗り鉄で温泉 総集編:

« 白浜駅の駅弁 | トップページ | 関空へ »