« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月

2012年10月31日 (水)

新橋烏森口青春篇(No-64)

椎名誠著「新橋烏森口青春篇」を広島への行き帰りで読了。
何度も読み返した本だけど、シーナワールドやはりいい。オモロクも切ない青春小説です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

広島大阪横浜出張

広島大阪横浜出張
午前中広島、午後大阪で会議ダブルヘッダー、明朝横浜で会議の為今晩横浜入り。ハードだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月30日 (火)

鶏南蛮唐揚げ定食

鶏南蛮唐揚げ定食
食いきれないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

御堂筋線に乗って

御堂筋線に乗って
会議に向かう。途中で昼飯だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月28日 (日)

一口カツ定食豚汁付き

一口カツ定食豚汁付き
前の神戸勤務時代は時々来てた定食屋に久しぶりに入って昼飯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日も

今日も
朝ゆっくりだからまだ救われるけど、今日も休日出勤。今週は休み無しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月27日 (土)

海賊とよばれた男 下 (No-63)

百田尚樹著「海賊とよばれた男 下」を読了。反骨の男、出光興産創始者出光佐三をモデルにした一代記。
ホントに凄い、としか言えない。一代で大石油会社を築いた出光佐三を人間味あふれるリーダーとして生き生きと描いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

眠い

眠い
朝もはよから休日出勤。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月25日 (木)

川崎横浜出張

川崎横浜出張
今日明日は泊まりで出張。飛行機はポケモンジェット。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月24日 (水)

本日の演目

本日の演目
「九州吹き戻し」と「厩火事」。どちらも初めて聞く噺だったけど、面白かったー。また聞きに行きたいわ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

立川談春独演会

立川談春独演会
生の落語は初めてだ。楽しみっす。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ミックスグリル

ミックスグリル
今日の夕飯は家族でサイゼリヤ。安くてそこそこの味でいいよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月23日 (火)

海賊とよばれた男 上(No-62)

百田尚樹著「海賊とよばれた男 上」を宇部出張帰りに読了。
出光興産創始者出光佐三をモデルにした歴史経済小説。
主人公を些かかっこよく描き過ぎではあるが面白い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

厚狭駅

厚狭駅
新幹線の駅らしからぬローカル駅から帰る。新幹線ホームに売店も無い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇部駅

宇部駅
初めて降りた。目的地に向かうタクシーが「わからん」言ってぐだぐだしてる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇部日帰り出張

宇部日帰り出張
宇部ってJR西日本を潰した時に通った事はあるけど、降りるのは初めて。どんな所だろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月22日 (月)

酢豚ランチ

酢豚ランチ
今日の昼飯はお気に入り、中華街の小小心縁。これにスープとデザートがつく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月21日 (日)

超高年登山者軍団に同行

老いて益々盛ん、を地で行くクライマーの母とそのお仲間達のお供で兵庫の山々をハイキングして来た。70~80才の皆様、至ってお元気でした。

Dvc00005 Dvc00008 Dvc00010 Dvc00012 Dvc00013

初日は東床尾山に登ります。車じゃないと登山口まで行けないのよ~、車出して、というのがワタクシが駆り出された最大理由だけに、登山口に行き着くまで少々迷ってようやく到着。最初は沢沿いを登って行く。小さな滝もあった。沢の源頭部まで上り詰めると林を縫って稜線まで登る。

Dvc00014 Dvc00016 Dvc00017 Dvc00018 Dvc00019

稜線に出ると頂上はもうすぐ。よく晴れた一日でオトギリ草が青空に良く映える。遥か日本海方面を望む。

Dvc00021 Dvc00022 Dvc00024

頂上でお昼ご飯を食べた後は来た道を下る。高年軍団は来た登山口より少し下の「糸井の大かつら」を見たいと、更に下まで降りていった。自分は車を取りに元の登山口に引き返し、車で少し降りてから大かつらを見に上り返し、見てきた。

Dvc00028 Dvc00030 Dvc00033 Dvc00034

下山後は天空の城、竹田城址へ。最近では日本のマチュピチュとして有名になり、観光客も多くなったが、やはり山頂の石垣は凄い。

Dvc00036 Dvc00037 Dvc00038

初日のお宿は丹波篠山の草山温泉。とても塩分の濃い温泉で、ちょっと唇をぬぐっただけでもしょっぱいしょっぱい。夜は高年登山軍団と飲み交わして、中々面白かったよ。

Dvc00039 Dvc00040 Dvc00041_2

2日目は「車があるとすぐ近くまで行けるのよね~」とこれも駆り出され理由の三岳へ登る。高年者でも登り55分程度のハイキング。でもこちらは岩場/鎖場があり、お年の方には距離よりその急登がキツイ。特に下りが厳しかったようで、母もコケてました。念の為下で見守ってたけど、まあ転がり落ちる程ではなかったので良かった。

ガソリン代、宿泊代等費用は全部持つから、という甘言に釣られてご相伴したけど、いい天気でいい運動、更にはちょっとは親孝行出来て良い週末だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

三岳

三岳
お付き合い登山二日目。三岳山頂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月20日 (土)

東床尾山頂

東床尾山頂
超高年登山者軍団と登って来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月19日 (金)

とまと座

トマト座
今日は奥方様と下僕2号と一緒にパスタランチ。私は雲丹のクリームパスタ。ここのパスタはどれも美味しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月15日 (月)

甜蜜蜜

甜蜜蜜
お昼は奥方様と中国粥のお店へ。美肌香港粥セットにした。

-追記-

50男が「美肌・・・・・」と云う逡巡はあったが、基本女性ターゲット(私達がいた間、男性客は自分のみ)の店なので、美味しそうなランチメニューはその手のネーミングばかりだったのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月14日 (日)

ついに追い詰めたぞJR九州

この週末は福岡で仕事だったので、ついでに(どっちがついでか分からんが)JR九州の未乗区間、指宿枕崎線を潰してきた。これで遂にJR九州も日南線を残すのみとなった。

Dvc00006_2 Dvc00004_2

朝飛行機で鹿児島へ着き、バスで鹿児島中央駅へ。早速指宿枕崎線に乗り込む。

Dvc00011_2 Dvc00009_2

ちょっとお腹が減ったので売店で太鼓巻を仕入れて食べた。鹿児島黒豚肉でお握りを巻いていてビールにピッタリだった。

Dvc00012_2 Dvc00014_2

鹿児島市街を抜けてからは左側の車窓に海が続き、喜入を過ぎて生見の手前辺りは錦江湾が綺麗だった。

Dvc00020_2 Dvc00022_2

指宿で途中下車。乗った列車の終点山川よりは駅近くに食べるところがあるだろう、と降りたのだが意外に無くて、観光案内所で教えてもらってやっとありついた昼飯。900円だったけど、まあまあいけたよ。

Dvc00030_2 Dvc00024_2 Dvc00028

指宿枕崎線完乗の前に、JR日本最南端の駅西大山駅に降り立つ。と言っても乗ってきた列車を逃すと4時間は次が来ないので、一瞬降り立っただけ。でもその手の鉄が多いらしく、わざわざアナウンスして少し長めに停車してくれた。

背景の開門岳が綺麗だったけど、やや雲がかかっていたのが残念。見えただけ良し、としなければいけないかな。

Dvc00033 Dvc00037 Dvc00038

西大山から更に一時間ディーゼルカーに揺られて枕崎駅到着。保線か悪いのかよく揺れたわ。それでもとにかくこれで指宿枕崎線完乗。駅前のスーパーでワンカップを買って祝杯。駅名標も消えかかった無人駅だった。

Dvc00039 Dvc00041 Dvc00043 Dvc00045

折り返しの列車で2.5時間揺られて鹿児島に引き返し、市電で天文館近くの安宿に入る。宿に置いてあったクーポンで豚角煮サービスの居酒屋で飲み&夕飯。

Dvc00049 Dvc00050 Dvc00052 Dvc00051

土曜日、再び市電で鹿児島中央駅に出て各駅停車で隼人に向かう。今度は右手の車窓に桜島が大きく見える。

Dvc00053 Dvc00060 Dvc00062Dvc00063  Dvc00065

  隼人駅で肥薩線に乗り換え。八代から南下した事はあるが、反対に北上するのは初めて。鉄には有名な名駅舎の嘉例川を通り、戦時中機銃掃射を受けた後が駅舎に残る大隅大川を通過する。こんな田舎にまでグラマンは機銃を放って行ったのか、と驚く。

Dvc00067 Dvc00069 Dvc00070 Dvc00071Dvc00076 Dvc00078 Dvc00080 Dvc00084 Dvc00085 Dvc00090

吉松駅で地元のオバチャンたちが立ち売りしていた郷土料理らしい物を買う。「グネ」だって。100円だからええわ、と思って買ったらピールのつまみに丁度よかった。

吉松からはいよいよ肥薩線のハイライト、スイッチバックとループが続く、真幸・矢岳・大畑を通る。日本三大車窓の霧島連山や下方に見えるループなどは4-5年前に来たときには曇っていて見えなかったので再来して良かった。

Dvc00096 Dvc00095 Dvc00099 Dvc00102

レトロな駅弁屋の社屋がある人吉駅前で昼飯。駅弁じゃ無いけど。人吉から八代までは球磨川沿いを下っていく。カヌーやラフティングを楽しむ人達が結構居たよ。

八代からは鹿児島本線で熊本へ。

Dvc00103 Dvc00106 Dvc00108

熊本からは新幹線で博多へ。流石JR九州、喫煙室にかけてある時計にもつばめのマークが。

Dvc00114 Dvc00116 Dvc00120_2

日曜日の仕事を追え、新山口までプチ鈍行旅をしたあと新幹線で神戸へ。夕飯は薩長同盟 長州さくら弁当。ネーミングの割りに普通の幕の内に近い駅弁でした。

まあ鉄旅も満喫したけど、休日仕事もしたし、週末フル活動で少々疲れたが、明日も仕事だ、ガンバロー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく

ようやく
神戸帰着。明日も仕事と思うとちょっとつらいな。ま、楽しんだからいいけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鉄道ひとつばなし3(No-61 )

指宿枕崎線乗り潰し&福岡出張の帰りの新幹線車中で原武史著「鉄道ひとつばなし3」を読了。
鉄旅には正に持ってこいの一冊だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けさめし

けさめし
ホテルの朝食。頑張って仕事だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月13日 (土)

ロイヤルパークホテルザ福岡

ロイヤルパークホテルザ福岡
こっからは社用なので、ホテルもそれなり。何処も一杯だから早く抑えた方がいい、と福岡の担当先から言われたので、先週過去泊まったホテルあたったら全滅。初めてのホテルだけど、新しいようで綺麗で良かった。昨日の自費安宿とは大分違うわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

八代から鹿児島本線

八代から鹿児島本線
この電車も中々洒落てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

嘉例川駅

嘉例川駅
鉄には有名な嘉例川を通過。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急きりしま

特急きりしま
JR九州の車両はカッコイイなぁ。乗らないけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月12日 (金)

指宿枕崎線

指宿枕崎線
休みを取って乗り鉄。指宿枕崎線は鹿児島中央駅の0番線と言った方がいい行き止まりの1番線から発車。乗るのは国鉄塗装のキハ147。癒されるわ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月11日 (木)

とんかつ恵亭

とんかつ
午前中大阪北部で仕事して午後からの会議の為、大阪南部へ移動中。昼飯はとんかつだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

時刻表に載っていない鉄道に乗りにいく(No-60)

遠森 慶著「時刻表に載っていない鉄道に乗りにいく」を和歌山からの帰りの車中で読了。

その名の通り全国の保存、観光鉄道や遊園地のミニ列車等を紹介している本だけど、中には中々の本格派もあって、読んでいても楽しかった。

いわゆる軽便鉄道にも魅力ある路線は多かったけど、いまや現役の営業路線は数少ないからなー。

今週末の九州乗り鉄を励みに、もうちょっとだけ頑張ろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トコトコお帰り

トコトコお帰り
南海、阪神を乗り継いでトコトコ帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

井出商店

井出商店
本日は和歌山日帰り出張。和歌山と言えば、和歌山ラーメンでしょ、という訳で有名な井出商店で並ぶ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 9日 (火)

小小心縁

小小心縁
昼飯は奥方様と中華街へ。久しぶりの福健炒飯と若鶏の生姜ソース。福健炒飯好物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 8日 (月)

旬
東山商店街で奥方様ご購入の松茸。松茸買うなんて何年振りだか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

二度付け禁止

二度付け禁止
当然ソース二度付け禁止です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

串かつ

串かつ
奥方様と二人で久しぶりに東山商店街にやって来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カッコウの卵は誰のもの(No-59)

東野圭吾著「カッコウの卵は誰のもの」を昨晩読了。

面白かったので一晩で読み終えてしまった。

物語の構造としてはシンプルで、先の読める展開ではあるのだけど、ついつい読み進んでしまった。なんと言ってもスキーがらみの話という点が大きい。

想像するに、着想段階ではスノーホードがらみにしようとしたけど、ストーリーの展開上親子二代でするスポーツが必要だからスキーになったのかな。

いまやホードの歴史も30年を越えているし、親子二代のボーターもいるけどなー。オリンピック種目になってからはまだ日が浅いからちょっと無理か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 7日 (日)

白鶴酒蔵見学

白鶴酒蔵見学
午後からは酒蔵見学。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日曜日のお勉強

日曜日のお勉強
お勉強しなくちゃ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 6日 (土)

月のしずく(No-58)

昨晩浅田次郎著「月のしずく」を読了。

出張の行き帰りに読み進み、電車の中で読み終わりました。

「鉄道員」と同時期に執筆された短編集。表題作の「月のしずく」も良かったけど、「花や今宵」がとても良かった。「聖夜の肖像」もいい。

浅田次郎の描く男女像はとても良いね。現実にはそーゆう訳にはいかないだろうけど。

彼の描く、情けないようだけど、でもある意味男らしい、ウブでシャイで誠実な男でありたいと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

権太呂すし

権太呂すし
今日の晩飯は回ってないけど安い寿司。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 4日 (木)

500系

500系
高松帰りに岡山から乗った新幹線は懐かしの500系。相変わらずカッコイイわ〜。携帯写真はシャッター遅れてるけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本場讃岐うどん

本場讃岐うどん
立派な構えのうどん屋。おいしゅうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

頭端式ホーム

頭端式ホーム
高松駅は大好きな頭端式ホーム。しかも9番線まである。日本で一番大規模な頭端式駅じゃないかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

特急しおかぜ

特急しおかぜ
岡山駅で乗り換え待ち中。しおかぜカッコイイな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高松日帰り出張

高松日帰り出張
今日は朝から高松へ。遅くなりそうだなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 3日 (水)

Hong jr.

Hong  jr.
トアウェストにある店の出店で奥方様とランチ。ハンバーグ&チキンカツセットはライス付きで598円。リーズナブルだね〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 2日 (火)

JR難波駅

JR難波駅
仕事帰りに通ったJR難波駅。昔来た時とは随分様子が変わっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日帰りで

日帰りで
今日は大阪の東の方でお仕事。早起きして電車で向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月 1日 (月)

プリズム(No-57)

百田尚樹著「プリズム」を昨晩遅く(というより本日未明)読了。

昨日夜遅くなってから奥方様の借りてきた本を眺めていて、何気なく読み出したらこれが面白くて止まらなくなった。

多重人格者のあるひとつの人格に惚れてしまい、その人格のみを愛してしまった女性が主人公。著者の作品はいずれもスピード感あるストーリーで一気に読ますんだけど、あと少し、あと少し、と読んでるうちに結局2時半頃まで読んで読了してしまった。

おかげで今朝は随分眠かったけど、それだけ面白かったということ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »