« 白鶴酒蔵見学 | トップページ | 串かつ »

2012年10月 8日 (月)

カッコウの卵は誰のもの(No-59)

東野圭吾著「カッコウの卵は誰のもの」を昨晩読了。

面白かったので一晩で読み終えてしまった。

物語の構造としてはシンプルで、先の読める展開ではあるのだけど、ついつい読み進んでしまった。なんと言ってもスキーがらみの話という点が大きい。

想像するに、着想段階ではスノーホードがらみにしようとしたけど、ストーリーの展開上親子二代でするスポーツが必要だからスキーになったのかな。

いまやホードの歴史も30年を越えているし、親子二代のボーターもいるけどなー。オリンピック種目になってからはまだ日が浅いからちょっと無理か。

|

« 白鶴酒蔵見学 | トップページ | 串かつ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/55842504

この記事へのトラックバック一覧です: カッコウの卵は誰のもの(No-59):

« 白鶴酒蔵見学 | トップページ | 串かつ »