« ようやく | トップページ | 甜蜜蜜 »

2012年10月14日 (日)

ついに追い詰めたぞJR九州

この週末は福岡で仕事だったので、ついでに(どっちがついでか分からんが)JR九州の未乗区間、指宿枕崎線を潰してきた。これで遂にJR九州も日南線を残すのみとなった。

Dvc00006_2 Dvc00004_2

朝飛行機で鹿児島へ着き、バスで鹿児島中央駅へ。早速指宿枕崎線に乗り込む。

Dvc00011_2 Dvc00009_2

ちょっとお腹が減ったので売店で太鼓巻を仕入れて食べた。鹿児島黒豚肉でお握りを巻いていてビールにピッタリだった。

Dvc00012_2 Dvc00014_2

鹿児島市街を抜けてからは左側の車窓に海が続き、喜入を過ぎて生見の手前辺りは錦江湾が綺麗だった。

Dvc00020_2 Dvc00022_2

指宿で途中下車。乗った列車の終点山川よりは駅近くに食べるところがあるだろう、と降りたのだが意外に無くて、観光案内所で教えてもらってやっとありついた昼飯。900円だったけど、まあまあいけたよ。

Dvc00030_2 Dvc00024_2 Dvc00028

指宿枕崎線完乗の前に、JR日本最南端の駅西大山駅に降り立つ。と言っても乗ってきた列車を逃すと4時間は次が来ないので、一瞬降り立っただけ。でもその手の鉄が多いらしく、わざわざアナウンスして少し長めに停車してくれた。

背景の開門岳が綺麗だったけど、やや雲がかかっていたのが残念。見えただけ良し、としなければいけないかな。

Dvc00033 Dvc00037 Dvc00038

西大山から更に一時間ディーゼルカーに揺られて枕崎駅到着。保線か悪いのかよく揺れたわ。それでもとにかくこれで指宿枕崎線完乗。駅前のスーパーでワンカップを買って祝杯。駅名標も消えかかった無人駅だった。

Dvc00039 Dvc00041 Dvc00043 Dvc00045

折り返しの列車で2.5時間揺られて鹿児島に引き返し、市電で天文館近くの安宿に入る。宿に置いてあったクーポンで豚角煮サービスの居酒屋で飲み&夕飯。

Dvc00049 Dvc00050 Dvc00052 Dvc00051

土曜日、再び市電で鹿児島中央駅に出て各駅停車で隼人に向かう。今度は右手の車窓に桜島が大きく見える。

Dvc00053 Dvc00060 Dvc00062Dvc00063  Dvc00065

  隼人駅で肥薩線に乗り換え。八代から南下した事はあるが、反対に北上するのは初めて。鉄には有名な名駅舎の嘉例川を通り、戦時中機銃掃射を受けた後が駅舎に残る大隅大川を通過する。こんな田舎にまでグラマンは機銃を放って行ったのか、と驚く。

Dvc00067 Dvc00069 Dvc00070 Dvc00071Dvc00076 Dvc00078 Dvc00080 Dvc00084 Dvc00085 Dvc00090

吉松駅で地元のオバチャンたちが立ち売りしていた郷土料理らしい物を買う。「グネ」だって。100円だからええわ、と思って買ったらピールのつまみに丁度よかった。

吉松からはいよいよ肥薩線のハイライト、スイッチバックとループが続く、真幸・矢岳・大畑を通る。日本三大車窓の霧島連山や下方に見えるループなどは4-5年前に来たときには曇っていて見えなかったので再来して良かった。

Dvc00096 Dvc00095 Dvc00099 Dvc00102

レトロな駅弁屋の社屋がある人吉駅前で昼飯。駅弁じゃ無いけど。人吉から八代までは球磨川沿いを下っていく。カヌーやラフティングを楽しむ人達が結構居たよ。

八代からは鹿児島本線で熊本へ。

Dvc00103 Dvc00106 Dvc00108

熊本からは新幹線で博多へ。流石JR九州、喫煙室にかけてある時計にもつばめのマークが。

Dvc00114 Dvc00116 Dvc00120_2

日曜日の仕事を追え、新山口までプチ鈍行旅をしたあと新幹線で神戸へ。夕飯は薩長同盟 長州さくら弁当。ネーミングの割りに普通の幕の内に近い駅弁でした。

まあ鉄旅も満喫したけど、休日仕事もしたし、週末フル活動で少々疲れたが、明日も仕事だ、ガンバロー!

|

« ようやく | トップページ | 甜蜜蜜 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

仕事」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/55890847

この記事へのトラックバック一覧です: ついに追い詰めたぞJR九州:

« ようやく | トップページ | 甜蜜蜜 »