« 報徳学園VS関西学院、早稲田VS慶應 | トップページ | L'atelier de Massa »

2012年11月23日 (金)

日本の私鉄 阪急電鉄(No-69)

広岡友紀著「日本の私鉄 阪急電鉄」を読了。

元CAにして実家が阪急沿線、自宅が東急沿線のプチプル女流鉄である著者が、女性にしてはえらくマニアックな車両解説も含め、詳細に阪急を描く。

東の東急、西の阪急、上手いブランド戦略で東西を代表する私鉄としてその高級感を維持する。

神戸市民の鉄としては、読み甲斐のある本でした。

|

« 報徳学園VS関西学院、早稲田VS慶應 | トップページ | L'atelier de Massa »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/56174653

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の私鉄 阪急電鉄(No-69):

« 報徳学園VS関西学院、早稲田VS慶應 | トップページ | L'atelier de Massa »