« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

リハビリ

リハビリ
中々良くならないな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月30日 (水)

奥方様と奈良小旅行

今日は年休を取って日頃の罪滅ぼしがてら奥方様と奈良に小旅行に行ってきた。もちろん年休申請して休みを取ったのだけど、社外は勿論社内同部署からも全くお構いなく仕事電話、メールがんがんだったのは玉に瑕だったが、眼福な日だった。

Dvc00001 Dvc00002

近鉄奈良駅を降りてちょっと歩くといきなり歩道に鹿。流石奈良だ。

Dvc00003 Dvc00004 Dvc00005

更に歩くと道端で鹿の餌を売っているのを発見。「餌あげるー」と早速購入してあげようとした奥方様はいきなり後から鹿にどつきまわされ、「ヒェー」と悲鳴をあげながら餌をあげると言うより、奪われてた。恐るべし奈良の鹿。角が切ってあって良かったね。

Dvc00007 Dvc00008

鹿に餌をあげた後は人間様も、というわけで東大寺の見えるゐざさ東大寺店で昼食。奈良名物柿の葉寿司と天ぷら、丹生麺などがセットになった若草御膳を2人とも頼んだ。美味しかったー。

Dvc00011 Dvc00012 Dvc00013 Dvc00014

腹ごしらえバッチリの後はいよいよメインイベント(というか結果的に本日唯一の観光)興福寺を訪問。日本の国宝のなんと17%を保有するという名刹だ。東金堂、五重塔の前で気合を入れる。

Dvc00015 Dvc00016

国宝館内は勿論撮影禁止なので写真は無いが、教科書に載っているような国宝仏像群がずらり。中でも五部浄像、阿修羅像、千手観音像はその方面に疎い自分でも見入ってしまう素晴らしいものだった。ついつい阿修羅像の手拭と五部浄像のストラップ土産に買っちゃった。

写真は国宝館を出た後、これも国宝の南円堂前で売ってたおみくじ。かわいかったので写真撮ってしまった。

Dvc00018

最後は三ノ宮まで近鉄阪神直通電車(これが開通したから奈良に行こう、となったのだけど)で帰ってきて子供たちも呼んでひかり製麺所でラーメンの夕食。醤油チャーシューラーメンちょっとしょっぱかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月29日 (火)

久しぶりに叩き起こされた

今日は12月9日以来久しぶりに朝5時に仕事電話で叩き起こされた。

幸い前回ほどの大事ではなかったものの、熟睡中にしつこく携帯が鳴って叩き起こされるという点では同じで、やはりそれは辛い事ではある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月27日 (日)

ハチ高原日帰り攻撃総集編(珍しく日曜日帰り)

土曜日は出張疲れ+奥方様の体調不良+ハチは悪天候の模様、という事で出撃を控えたが、日曜は天気も回復してそう+行かないと体がなまる、と云う訳で珍しく日曜日帰りして来た。

Dvc00003_2 Dvc00004

今シーズン初の渋滞を乗り越えやってきたホームは時折太陽も覗くまずまずの天気。気温は低くて雪質はまあまあだった。

Dvc00005 Dvc00006 Dvc00007 Dvc00008

渋滞のおかげで少々出遅れたので早速ハチ北へ向かう。今日は滑ったことの無いアルペン林間コースに行って見よう、というのがターゲットだったので、一発目からアルペンを目指す。毎度おなじみ北壁樹氷コースからアルペンコースを通って林間コースに降りると幅の無い中級斜面だった。

Dvc00010 Dvc00013_2

麓からTOPまで登り返すと晴れ間も出てきた。ハチ北側TOPは大賑わい。

Dvc00014 Dvc00016

例によって頂上リフトの下り乗車。帰って来たハチも青空だ。

Dvc00020_2

遅めの昼飯は万両のボルシチしかないでしょ。今日も美味しいわー。

昼飯後も3時過ぎまで滑っていたが、寒いし雪降り出すしで写真は撮ってません。2度もコケた後の3度目の正直でワイドBOXとレインボーをやっつけた(50/50だけど)のが唯一の収穫でしょうか。最近ジブ系やってなかったから、最初はこんなもんでしょ。次は横向けたるでー。

-追記-

朝1発目の仕事電話で叩き起こされ、先ほど2発目の仕事電話。いずれもキズは浅かったが、3発目がないといいなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルシチ

ボルシチ
昼飯はいつもの万両でボルシチ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ高原(2013‐11)

ハチ高原
渋滞を乗り越え辿り着いたホームは時折太陽も覗くまずまずのコンディション。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今シーズン初

今シーズン初
いつものホームへ向かう途中、そして今シーズン初の渋滞。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月26日 (土)

ひょうたん

ひょうたん
昼飯は餃子の老舗、ひょうたん。メニューは餃子のみのキッパリした店。

-追記-

今日は20:30現在完全休日。あと3:30何事も無ければ良いが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月25日 (金)

落語

落語
福岡から急いで帰って来たのはこのため。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女流阿房列車(No-6)

酒井順子著「女流阿房列車」を博多からののぞみ車中で読了。
著者の鉄本は何冊か読んでいるが、独特の女流鉄ぶりがいい味出している。
鉄本ばかりで無く、エッセイもいい感性だなぁ、と思うけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多から

博多から
のぞみで帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けさめし

けさめし
福岡のホテルの朝食はとてもシンプル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月24日 (木)

博多ラーメン

博多ラーメン
先ずは腹拵え。駅ビルの一幸舎という店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福岡出張

福岡出張
今日明日は福岡出張。今週は月曜から金曜まで毎日出張だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月23日 (水)

午後から大阪

午後から大阪
今日は午後から大阪で仕事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月22日 (火)

ひとは情熱がなければ生きていけない(No-5)

浅田次郎著「ひとは情熱がなければ生きていけない」を東京出張帰りの新幹線車中で読了。
優れたストーリーメーカーの作者だが本書はエッセイや講演での講話集。
タイトルに期待したが、やはり小説が良いね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新幹線で

新幹線で
帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

けさめし

けさめし
昨日より良くなったが、まだ本調子ではないので、軽目にしておく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月21日 (月)

余力が・・・

余力が・・・
今日のホテルは御茶ノ水。懐かしい小石川や水道橋、神保町にも近いので余力があれば近所をうろつく所だが。
いかんせん絶不調なので、おとなしく部屋でビール飲んで寝る。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京出張

東京出張
昨晩から体調を崩していて、出張するには辛いが頑張るしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月20日 (日)

大鵬

亡くなっちゃった。物心ついた頃にはもう大横綱だったけど好きでした。
引退した場所も微かに覚えている。貴乃花に負ける前に平幕の力士にも負けていた。ああ、これで引退しちゃうのかな、と思った記憶がある。
御冥福を祈ります。

-追記-

今日は今のところ緊急性の無い仕事メール数件のみ。このまま準完全休日であってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月19日 (土)

ハチ高原日帰り攻撃総集編

出張明けで正直朝ゆっくり寝てたいな、と思っていたが、朝になって8時頃目が醒め、このまま10時過ぎまで寝てその後家でグダグダしていても絶対後悔するな、と思ったので気合一発起き出してホームに行ってきた。

Dvc00006_2 Dvc00002 Dvc00003

麓では青空も見え、よしよし頑張った甲斐があったと思っていたのが、大久保の駐車場まで上がると曇り空。中央ゲレンデ、千石平ゲレンデも曇りだった。おまけに風が強くて寒い~。

Dvc00004 Dvc00009_2

なので一時間も滑らないうちに万両に逃げ込む。いつもボルシチかカツ丼なのでたまには違うもの食べようとカツカレーに挑戦。親父さん女将さんが揃って挨拶してくれ、サービスなのかご飯超大盛り。ボードで消費したカロリーは遥かに凌駕するカロリーを摂取してしまった。人に出されたものは残してはいけません、という躾が徹底されているので、頑張って全部食ったぜ。

Dvc00011 Dvc00014

飯食っている間に、少し陽が差してきたかな?と思って再出撃したものの、むしろ天気は悪化してきて、雪本降りになってきた。

分別ある大人は無理をしない。早々に引き上げだ、と3時前にTOPから駐車場までラストランを挙行したが3回もコケた。全くもって締まらないラストだった。

-追記-

行きの時点で既に仕事メール何件かあったが、それほど緊急の用事でもないし、まーいいや、と思っていたが、帰りの高速運転中に仕事電話。PAで対応してまた20分余計に時間食った。まあその程度で良かったけど、中々完全休日にはならない。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

万両のカツカレー

万両のカツカレー
初物にチャレンジ、とカツカレー1000円を注文。待ってたら親父さん女将さんお揃いで、いらっしゃいませ、とご挨拶。すっかり常連になってきました。サービスなのかご飯超大盛り。食べ切れるかな?
‐追記‐
まだまだ若いぜ!全部食い切った。腹パンです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

自分撮り

自分撮り
万両の前で。今日は寒いのでニットキャップです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ高原(2013-10)

ハチ高原
今日のホームは曇りで風が強く、ちいと寒いわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月18日 (金)

国鉄風景の30年(No-4)

羽田からの機中で二村高史著「国鉄風景の30年」を読了。
駅、路線、施設、車両を定点観測で30年前と比較する。
10年一昔とは言うものの、ホントに懐かしくなる風景ばかり。中学高校時代の国鉄ってこんなんだったよな〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰ります

帰ります
羽田から神戸に帰ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月17日 (木)

横浜出張

横浜出張
今日は午後から横浜に向かう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月16日 (水)

肉の入江

肉の入江
昼飯に続き外食。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リハビリ

リハビリ
この時間しか取れなかったので半休。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東紫縁

東紫縁
今日はリハビリの予約が早い時間しか取れなかったので、午後半休を取った。
昼飯は奥様と中華街でまだ入ったこと無い店にしよう、と東紫縁という店へ。飲茶セット980円の割りには旨かった。

-追記-

店を出た後奥方様にインタビューしたら[悪くは無かったけど、もう一度行こうとは思わない。]との感想。たしかにそうだな。1000円以下で美味しい中華料理屋は神戸には沢山あるもんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月14日 (月)

中央図書館

中央図書館
雨の中やって来た。今日は冷たい雨の一日みたい。

‐追記‐

今日は今年初、仕事メールも電話も無い完全休日になりそうだ。後一時間ちょっと、何も無いように祈る。

-再追記-

遂に完全休日達成。これからもこうあってほしいものだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年1月13日 (日)

今年初の

今日は仕事メールは三本ほどあったものの、電話は無い。このまま行けば今年初の準完全休日だ。メールも無い完全休日まで後一歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第四回遠征攻撃 近場ハチ高原総集編

シーズン券を買ってあるので毎週のようにハチに通います。

Dvc00003 Dvc00004 Dvc00005 Dvc00009

初日の12日は快晴で連休初日というのに空いていてとても気持ちよく滑れた。

Dvc00010 Dvc00013

出張明けであまり早起きできず、スタートが遅かったので数本滑って万両へ。

ボルシチ最高っす。特に今日のはすね肉一杯、トマトも丸ごと二つ入り。なんか得した気分。

Dvc00017 Dvc00018 Dvc00019 Dvc00020 Dvc00016

万両でエネルギー補給の後はTOPへ登りハチ北を数本攻める。アルペンコースは腿に着来ます。

ちなみに今シーズンはこんな格好。ヘッドキャップは好天でかつジブやるつもりの時限定ですが。

Dvc00023 Dvc00024 Dvc00025

ハチ北からハチに帰った後、万両でもう一回休んで更に滑り続けました。最後まで好天でほんと最高でした。

Dvc00027 Dvc00028

今宵のお宿は提携保養所になっているペンションのうさぎ。素泊まり激安です。晩飯はカップラーメンで済まします。

Dvc00029 Dvc00033 Dvc00035 Dvc00039

2日目の13日は朝のうちは晴れていたが、段々雲行きが・・・。午前中にハチ北まで行き、久しぶりに野間ゲレンデまで降りていった。曇り始めてからハチに戻りこれも久しぶりの大久保ダウンヒルコースへ。林間コースなんだけど、途中チョット急斜面がある。

Dvc00041_2 Dvc00042Dvc00045_2

万両で昼飯にカツ丼を食べた後も14時過ぎまで滑っていたが、まあこれくらいにしといたろか、と退散。宿の駐車場までシャトルバスで引き上げです。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトルバス

シャトルバス
宿の駐車場までシャトルバスで引き上げだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万両のカツ丼

万両のカツ丼
ボルシチと双璧のカツ丼。カツは揚げたてサクサクでほんのり甘い卵とじが最高。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ高原(2013 ‐9)

ハチ高原(2013<br />
 ‐9)
今日はさすがにリフト券売り場に行列が出来ている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月12日 (土)

ペンションのうさぎ

ペンションのうさぎ
ペンションと言いながら純和風。でも女将さんは親切そうだった。
今日は仕事メールは一本だけだったなぁ、やれやれと部屋で一息ついてたら、仕事電話有り。大した用事じゃなかったけど、完全休日は何時になったら来るんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万両のボルシチ

万両のボルシチ
旨い!今日は普段無愛想なおやじも、ありがとうって言ってくれたよ。覚えてくれたかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ高原(2013 ‐8)

ハチ高原(2013<br />
 ‐8)
快晴のホームは癒されるわ〜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月11日 (金)

枕女優(No-3)

新堂冬樹著「枕女優」を神戸への新幹線車中で読了。
初めて読む作家だったが、図書館でチラ読みして面白そうだな、と借りてきた。
作者は芸能プロダクションも経営しているそうだが、この本の内容が現実に沿っているなら、芸能界とは恐ろしい所だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっと帰る

やっと帰る
新神戸まで行く新幹線最終一本前に乗れる。やれやれ、疲れたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月10日 (木)

夜明けの伊丹から

夜明けの伊丹から
今日明日は横浜出張。当初は昼過ぎに着けば良かったのが、急に10時に、となり5時半起きだ。眠いぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 9日 (水)

新廃線紀行(No-2)

嵐山光三郎著「新廃線紀行」を福知山出張の行き帰りに読み進み、先ほど読了。

今年二冊目は早くも鉄もの。

廃線紀行ものは鉄道紀行文学のパイオニアにして第一人者の宮脇俊三が秀逸だとは思うが、この筆者のも悪くない。

あまり鉄に拘らず、食い物を始めとした周辺各方面に興味の対象を分散させているのが味でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福知山へ

福知山へ
今日は福知山日帰り出張。尼崎駅にやって来た特急こうのとり3号は驚きの旧国鉄色老雄183系。
車内のアコモも古色蒼然。自分が小学生の時には走ってたもんな。老兵頑張れ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

リハビリ

リハビリ
新年最初のリハビリ。一進一退だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 6日 (日)

ひょうたんの餃子

ひょうたんの餃子
昼飯は餃子二人前。
‐追記‐
奥方様と息子と各々二人前づつ食べた。ひょうたんにはご飯が無いので餃子だけなら奥方様も食べ切れる。
そりゃそうと、今日も午前中仕事電話一件有り。これで今年入っての休日は皆勤だ。完全休日となる日はいつ来るかな。
‐再追記‐
先ほど本日二件目の仕事電話有り。今日はもうこれくらいにしといたろか、って言ってくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 5日 (土)

ハチ高原日帰り攻撃総集編

年末年始の暴飲暴食で遂に大台に乗ってしまった体重を加減、かつ昨日の雪でグッドコンディション間違いなし、と云う訳でホームのハチ高原を攻撃してきました。

Dvc00041_2 Dvc00043

いつもの大久保から林間ペアで上がります。中央ゲレンデはそこそこ賑っていたが、酷くリフト待ちするほどでもなく、快晴で気持ちよい。

Dvc00045 Dvc00044

いつもはグラトリ道場の千石平にパウダーが結構残っているのを中央トリプル乗車中に発見。早速攻めまくりました。斜度が少々足りなかったが、流石にパウダーランばかり繰り返していると疲れてきた。

Dvc00046 Dvc00049 Dvc00048 Dvc00051 Dvc00052

なのでパウダー攻撃は一旦切り上げ、ハチで最も早い中央クワッドを数本流す。クワッド沿いの斜度は緩やかなのでク゜ラトリの復習に勤しんだ。クワッド乗り場下のトイレで用を足していたら高丸ペアが動いていて、降雪直後でないと中々滑れないコース(名前知らん)が開いているのに気付いた。早速攻めに行く。片斜面で滑りにくいバーンで新雪があれば大丈夫なんだけど、中途半端に滑り固められていてやっぱり滑りにくかった。

Dvc00053 Dvc00055_2

まだまだ未熟者ですな、と少々へこんだ後は気を取り直すべく万両へ。タバコも吸えるしカツ丼も旨いぜ。

Dvc00056 Dvc00057 Dvc00058 Dvc00059

万両で昼飯後は折角天気もいい事だし、とハチ北に遠征。鉢伏山山頂からの景色は綺麗だし、TOP付近の雪質は午後になっても良いし、アルペンコースも腿プルプルになったけど滑れたし満喫した。頂上の向こうに太陽が隠れ始めたのでハチに引き上げる。

Dvc00060 Dvc00061 Dvc00062 Dvc00063

例によって頂上リフトの下り乗車を強いられるが、相変らずスリリング。正直〇玉縮みます。滑って降りられたほうがよっぽど楽なのに。

Dvc00064

3時過ぎに上がった後は一時間半ほど遠回りして豊岡の酒屋に寄り道。ここは銘酒香住鶴をタンクからバルク売りしてくれる。やっぱり日本酒も鮮度が命だからね。この為にわざわざ四合瓶五本下げてボードに行ったのさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

万両のカツ丼

万両のカツ丼
昼飯はいつもの万両。1000円だけど、それを許せるだけの味。万両はボルシチも旨いけどカツ丼もイケる。ビールはもちろんノンアルコール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハチ高原(2013 ‐7)

ハチ高原(2013<br />
 ‐7)
今日は快晴。いつもの大久保から上がる。
‐追記‐
今日もゲレンデに向かう途中で仕事電話、メール各1件。PAに停めてその対応で30分は余計にかかった。幸いその程度で済んでよかったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 4日 (金)

誰か(No-1)

新年一冊目は宮部みゆき著「誰か」。宮部みゆきの著書は比較的最近になって何作か読んだが、読んで見ると中々のストーリーメーカーである事が解った。
本書も年末に図書館で借りてきてしばらく読み進めずにいたが、本腰を入れて読み始めるとやはり面白い。
これ、シリーズにしてもいいんじゃない、というくらい主人公夫婦の関係が好ましい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 3日 (木)

聖地

聖地
高校ラガーの聖地、花園ラグビー場。
選手としてこの地を踏むのは夢のまた夢に終わったが、三十余年の時を経て観客として遂に足を踏み入れる。

-追記-

1000円で4試合見られる、という抜群のコストパフォーマンスに加えて流石に準々決勝ともなるといずれも熱戦で、とても得した気分になれた一日だった。

-更に追記-

このブログは日記なので休みの日や深夜に仕事する羽目になった場合は、今年から必ず記録する事にした。

今更だけど、1/1.2.3いずれも仕事電話、メールが複数あり、対応しました。花園ラグビー観戦中は流石に頭にきたぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 2日 (水)

毎年正月二日は

TVに釘付け。朝から箱根駅伝で東洋大に声援を飛ばし、昼からは大学ラグビー準決勝に熱くなる。

基本アンチ早稲田なので、帝京の勝利に順当勝ちだ、とスッキリし、東海VS筑波の熱戦にハラハラドキドキ。

弟の母校の東海大も捨てがたいけど、国立大初の決勝進出に掛ける筑波にも頑張って欲しい。フィフティーンの出身校もラクビーオンリーの強豪高ではなくて、そこそこ強いけどお勉強もまともなレベルだね、という学校が多くて共感を呼ぶ。

とても良いゲームで最後主審ノックオン見逃してね?という微妙なプレーだったけど、筑波が逆転トライで勝利。

帝京VS筑波の決勝戦見られるかなー?なかなかいい試合になると思うけど。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013年1月 1日 (火)

初詣

初詣
今年も近所の生田神社へ。家族揃って御神籤を引く。奥方様は凶でソッコー結んでた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花園

あけましておめでとうございます。元旦は朝からスカパーで高校ラグビー三昧。
三回戦ともなるといずれも好試合だったが、茗渓学園のテンポ良いオープンラグビーはいいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »