« 病院ダブルヘッダー | トップページ | 準備完了 »

2013年3月18日 (月)

日本の私鉄 阪神電気鉄道(No-20)

長い病院の待ち時間に広岡友紀著「日本の私鉄 阪神電気鉄道」を読了。

この著者の「日本の私鉄」シリーズは相模鉄道を皮切りに、東急、小田急、阪急、阪神と読んできたが、さすがに関東ベースの著者としては阪神あたりは厳しい感じ。

車両データ等資料でカバーできる部分は関東私鉄と比べても同じだが、やはり沿線に生活のベースを持っていないと感じ取れない会社のカラーや沿線の雰囲気という部分は表現しきれないように思う。

相鉄、東急、小田急、阪急、阪神は全て沿線住民として過ごしたからこその感想かも知れないけど。南海も若かりし頃、一時期沿線に住んでいたので今度読んでみよう。

|

« 病院ダブルヘッダー | トップページ | 準備完了 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/56983709

この記事へのトラックバック一覧です: 日本の私鉄 阪神電気鉄道(No-20):

« 病院ダブルヘッダー | トップページ | 準備完了 »