« 三岐鉄道北勢線 | トップページ | フレームレス »

2013年7月28日 (日)

ダムはいらない(No-59)

北勢線への電車旅道中で読了。

20年くらい前のアウトドアブームの頃、椎名誠や野田知佑の本をよく読んだ。その野田さんの新刊を図書館で見つけたので借りてきた。

昭和60年初版の「日本の川を旅する」(私の数少ない蔵書でもある)とおなじ川を平成20年にもう一度下ってレポートしている。

昭和60年の段階で「日本の川はどんどんダメになっていく」と発信していた野田さん、やはりどの川も酷い河川行政の挙句ズタズタにされているのを目の当たりにしている。

それでも今日も川を下る野田さんは、本当に川が好きなんだなー。

屈斜路湖から釧路湿原を抜けて太平洋にそそぐ釧路川、一度は行ってみたかったが、国土交通省の河川改修のお蔭で50kmも全長が短くなり直線の排水路みたいになってしまった、って本当かな。だとしたら残念だなあ。

|

« 三岐鉄道北勢線 | トップページ | フレームレス »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/57878471

この記事へのトラックバック一覧です: ダムはいらない(No-59):

« 三岐鉄道北勢線 | トップページ | フレームレス »