« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

厳島神社大鳥居

厳島神社大鳥居
今日も来ました世界遺産。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

白焼きとあなごめし

白焼きとあなごめし
白焼きとあなごめし
苦節30分の甲斐あってどちらも旨かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あなごめしの上野

あなごめしの上野
宮島駅弁でも有名の宮島口の上野。30分待ちだそうだが穴子好きの奥様とめげずに待つ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月27日 (日)

津和野といえば

津和野といえば
森鴎外。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うずめ飯

うずめ飯
今日は津和野。沙羅の木という食事処で郷土料理。お茶漬けの底にイロイロな具が埋まっている。だからうずめ飯なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高杉晋作生家

高杉晋作生家
萩では此処も外せないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月26日 (土)

松下村塾

松下村塾
萩へ来たら是非来たかった松下村塾。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

喜寿司丼

喜寿司丼
週末は奥様と萩に旅行。先ずは庭園カフェ畔亭で郷土料理。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月22日 (火)

ぼんくら 下(No-28)

新千歳から広島への飛行機中で宮部みゆき著「ぼんくら 下」を読了。

いや、面白かった。長編時代ミステリーという境地もいいね。たまに読みたくなる作家です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月20日 (日)

ラストラン北海道ニセコ遠征総集編

2013-2014シーズンの最後を飾るべく、ニセコグランヒラフに遠征して来ました。

二日とも好天に恵まれ、羊蹄山がいつもクッキリ、日頃の行いの良さを思い知るドピーカンでした。

Dvc00027 Dvc00028 Dvc00029_2 Dvc00030

道の駅で昼飯。長いも坦々麺結構いけました。JRニセコ駅に立ち寄り、初日は滑らず鯉川温泉旅館へ。昭和ムード全開の鄙びた湯で、内湯も露天も貸切。雪見滝見風呂最高でした。

Dvc00043

翌朝、宿の前からは羊蹄山がクッキリ。いい天気です。

Dvc00048 Dvc00053 Dvc00055

ニセコグランヒラフは強風で寒いくらいだったけど、ピーカンでした。ヒュッテキングベルで豚丼の昼飯。なかなかいけました。

Dvc00056 Dvc00057 Dvc00063 Dvc00066 Dvc00069 Dvc00067

ゲレンデのどこに居ても大抵羊蹄山が良く見えるので、ついつい写真も羊蹄山中心。でも今まで何回かニセコに来たけど、こんなに良く見えるのは初めて。

Dvc00071_2

てな訳で2日目も羊蹄山から始まります。昨日同様ドピーカンの上、風も無く気温も大分上がって暖かい。

Dvc00075_2 Dvc00076 Dvc00077 Dvc00080_2

初日頑張って滑ったので二日目は一本目から右腿が痛いっす。滑ってるより休憩時間の方が長いような・・・。ラストランの昼飯という事でホテルレストランで贅沢。っても五目あんかけ焼きそばだけどね。

Dvc00081 Dvc00082 Dvc00083 Dvc00087_2

昼飯後も休憩多数。ポカポカ陽気で、屋外でのんびりタバコをふかしながら羊蹄山を眺めていると、色々悩むのもバカらしくなってくる。

Dvc00089_2 Dvc00090

精神のリフレッシュをした後は、痛む腿のリフレッシュをしに昆布温泉へ。露天風呂は混浴で結構若い女性(含む欧米系)も入っていてちょっとビックリ。更に地酒ニセコで最後の晩餐だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

昆布温泉

昆布温泉
今日はさすがに浴室内の写真は撮れなかったけど、腿を癒しに一っ風呂。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最後

最後
両腿が悲鳴を上げているので最後ゴンドラ一本滑ってラストにします。二日間とも羊蹄山が良く見えた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

五目あんかけ焼きそば

五目あんかけ焼きそば
ラストランの昼食はレストランスラロームで五目あんかけ焼きそば。
ホテルニセコアルペンのレストランなので1300円は仕方ないか。結構旨いし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いきなりかい

いきなりかい
先ずはトップまで上がって滑り始めたら、昨日がたたって右ももが痛い。ゴンドラベースまで滑っていきなり休憩。自分にツッコミ入れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコグランヒラフ2(2014-14)

ニセコグランヒラフ2
今日もピーカン、絶好のラストラン日和。しかも昨日より5度は暖かい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月19日 (土)

ぼんくら 上(No-27)

ニセコのコテージで宮部みゆき著「ぼんくら 上」を読了。

宮部みゆきの時代物も結構面白い、と知ったのは比較的最近のことだけど、これも面白い。

ひとつひとつの章がそれぞれ完結しているようで、実は次の章、そのまた次の伏線になってるあたり、読み進めば進むほど次が読みたい、という気持ちにさせてくれる。

下巻も持ってきて良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ニセコグランヒラフ(2014‐13)

ニセコグランヒラフ
トップからの羊蹄山。アンヌプリ頂上までハイクアップしようか一瞬考えたが、止めときました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚丼

豚丼
ヒュッテキングベルで昼メシ。1100円は少々高めだが味は良かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝一のアンヌプリ

朝一のアンヌプリ
ヒラフのリフトが動き出すのを待って一番乗り。雲一つ無いドピーカン。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羊蹄山

羊蹄山
ニセコの宿から。さすが蝦夷富士、綺麗な山だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月14日 (月)

盲腸線紀行(No-26)

村上義晃著「盲腸線紀行」を読了。

この手の行き止まり線紀行文としては宮脇俊三の「終着駅に行ってきます」があるが、やはり行き止まりのローカル線紀行は魅力がある。

2001~2005年にかけての紀行文だが、僅か10年足らずで廃線となった路線もあり、今のうちに乗りに行きたいな~、と思うことしきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月13日 (日)

永遠の放課後(No-25)

三田誠広著「永遠の放課後」を読了。

祖父に育てられた中学生の「ぼく」が転校先で学級委員の紗英に出会い、大学生となりミュージシャンとなる。

大雑把に言えばそれだけの話だが、少年の胸のうちを良く描き出した作品です。

「そして笛が鳴り、僕らの青春は終わる」も青年の心情をこまやかに書いていたなーと思い出す。神戸に帰ったらまた読もうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

泡沫日記(No-24)

酒井順子著「泡沫日記」を読了。

好きな著者の最近のエッセイ。東日本大震災以降の日記形式のエッセイだが、中年期に差し掛かった(同年代)独身女性の率直な日々の感想が面白かった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 6日 (日)

岡山GT300RACE

岡山GT300RACE
日曜6時起きで岡山へ。これも仕事の内。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

告白(No-23)

昨晩遅く湊かなえ著「告白」を読了。今日仕事で早起きしなきゃいけないとわかっていながら読み切るまで眠れなかったほど面白かった。
ある事件を当事者、関係者それぞれの立場から描いている。
極めて偏った考え方の中にある一点では正しい事もあったりして、物の見方の難しさを感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 5日 (土)

麺所水野

麺所水野
麺所水野
神戸に帰って娘と奥方様と昼メシ。蕎麦屋には余り美味しい所が無いと思っていたけど、此処はイケる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 4日 (金)

福山城

福山城
仕事で福山へ。お城の桜が綺麗だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »