« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »

2014年11月

2014年11月30日 (日)

アナタとわたしは違う人(No-75)

神楽から帰った後、3週間ぶりに官兵衛を見て、まったりと読書。

酒井順子著「アナタとわたしは違う人」を読了。

こいつとは人種が違う、と感じるのは若い頃には時々ありました。最近は感受性が鈍ったか、寛容になったか、あまりそう感じる機会もないけれど、17年前の本著の頃には著者も私もそう感じる事が多かったかと思います。

いつもの軽妙なエッセイで、スラスラとあっという間に読んでしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本日の自作夕飯

本日の自作夕飯
神楽を堪能した後は夕飯自作。エビチリと餃子。中華で纏めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

伊吹山

伊吹山
黒瀧神楽団による伊吹山という演目。とても良かった。公演後の挨拶で世帯数24の限界集落で守り続けている神楽団で、来年も出来るかどうか、応援して下さい、と言われた時には涙が出た。
残念なのは傘を盗まれた事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

茶そばビビン麺

茶そばビビン麺
一風呂浴びた後は門前街で神楽五色麺の一つを戴きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神楽門前湯治村

神楽門前湯治村
広島に来て初めて知ったが広島県は神楽が盛ん。神楽という物を見た事がなかったので、一度は見てみようと神楽門前湯治村へ。神楽の前に先ずは湯治。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月29日 (土)

広島本通り

広島本通り
久しぶりに休みの土曜日。天気もいいし、年が明けたら引っ越しだし、もう訪れるチャンスも無くなるだろうと、広島一の繁華街、本通りをお散歩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

うちのパパが言うことには(No-74)

高知から帰った神戸の自宅で重松清著「うちのパパが言うことには」を読了。
同世代の著者が、「あの頃」を振り返り、父親となった今を語るエッセイ集。
著者の「あの頃」は私の「あの頃」でもあり、共感する部分も沢山あった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月17日 (月)

日記です

何だか忙しく、ブログもしばらく更新できなかったので、日記だけでも。

月、水、と岡山日帰りの後、木金土日と泊まり込み岡山。昨日の晩に神戸に帰り、今日午後から高知。明後日は大阪出張から広島に戻り、その後木金土日月と岡山泊出張。

広島にはほとんどいません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 9日 (日)

7-10

大変残念なお知らせが・・・。

今日東京都大会決勝を秩父宮で戦った我が母校が7-10で国学院久我山に惜敗したとの連絡。

50数年ぶりの決勝進出に加え、相手があの全国優勝数回の久我山では勝利の見込みは薄い、と思いつつ花園で後輩達の活躍を見れることを楽しみにしていたのだが。

神戸での日本VSマオリ戦のような惨敗ならともかく、後半ロスタイムのペナルティゴールで勝敗が決した、と聞いては無念さは募るばかり。

横浜に住んでたときなら絶対応援行って、最後のペナルティは乱入してでも阻止したのになー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

霧の城(No-73)

長門湯元温泉から帰ってきて自宅で岩井三四二著「霧の城」を読了。

岩村城をめぐる秋山伯耆守と信長の叔母であった遠山未亡人の話は知ってはいたが、それを主題にした小説は初めて読んだ。

戦国の世とはいえ、打算のみでそのような事があるとは思えなかったので、この物語には納得。

時々見るわいるどきゃっとさんのブログの書評から興味を持って読みました。わいるどきゃっとさん、ありがとうございました。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

下松名物

下松名物
バリッ太そばを温泉帰りのSAで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

良かった

良かった
紅葉も始まった入口まで戻って来た。洞窟から見る紅葉綺麗だけど、携帯じゃ写ら無いだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

失われたアーク

失われたアーク
14年前を懐かしみながら秋芳洞を往復。沢山写真撮ったけど、黄金柱も一枚。
何処もかしこもインディジョーンズの世界。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋芳洞

秋芳洞
ただ温泉療養して帰るのもなんだな〜、と鍾乳洞へ。北九州時代以来だから14年振りか。あの時は家族で来たけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 8日 (土)

花の鎖(No-72)

湊かなえ著「花の鎖」を長門湯本温泉の利重旅館で読了。
祖母、母、娘の三代に繋がる花の鎖。
思わず読み返してしまう好著でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てっさにてっちり付き

てっさにてっちり付き
宿はボロたが夕食は十分。安い宿だけどてっちり付きだよ。料理は力入ってるね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

温泉療養

温泉療養
ここ一ヶ月ほど痛む左肩の療養のため長門湯本温泉へ。凄く鄙びた(ボロボロとも言う)温泉旅館で先ずは大浴場。怪しい雰囲気だがお湯は掛け流しでいいお湯でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

湯本温泉恩湯

湯本温泉恩湯
鄙び〜た感じの共同浴場。後で入りに来よう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長門湯本温泉駅

長門湯本温泉駅
車で来たけど、ローカル線の無人駅で休憩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

輝く夜(No-71)

百田尚樹著「輝く夜」を出張先の岡山のホテルで読了。
目頭の熱くなるハートフルの短編集で、やられたっていう感じ。
少しだけ安っぽいというか、あざとい雰囲気はあるが出張のホテルで読む分には十分共感する本でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 3日 (月)

連休最後の晩餐

連休最後の晩餐
広島に戻って夕飯自作。塩胡椒とラー油でピリ辛にしたモヤシソーセージ炒め、厚揚げ、納豆をおかずにご飯を軽く一杯。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

布引ロープウェイ

布引ロープウェイ
広島に戻る新神戸駅ホームから。いい天気だなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 2日 (日)

52年ぶり決勝進出

わが母校が52年ぶりに花園予選東京都大会決勝に進出したそうだ。花園まで来てくれると見に行けるんだけどなー。

1208524_818450971511065_4902086403910616479_818450994844396_2166246545

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月 1日 (土)

トリプルスコア

トリプルスコア
で惨敗。日本ラグビーの将来は暗い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラインアウト

ラインアウト
惨敗ムード。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハカ

ハカ
の体制に入るオールブラックス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノエビアスタジアム神戸

ノエビアスタジアム神戸
この連休に神戸に帰った最大の理由、日本代表VSマオリオールブラックス観戦にノエビアスタジアムに来た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年10月 | トップページ | 2014年12月 »