« 大山泊りがけボードなのに | トップページ | 人間にとって成熟とは何か(2015‐9) »

2015年2月22日 (日)

空飛ぶ広報室(2015-8)

強風による全リフト運休の為、滑らずに大山から帰った自宅で有川浩著「空飛ぶ広報室」を読了。

宿で読み終えて今日ボード帰りに図書館へ返そうと思っていたが、昨晩読みきれず先ほどようやく読み終わった。

決して読み進むのに苦労したわけでは無く、面白かったしサクサク読めたんだけど何分500ページ近くある長編で時間がかかってしまっただけ。

思考的にはニュートラルのつもりだけどこの本を読むと、自衛隊ってもっと評価されてもいいよな、と思います。

|

« 大山泊りがけボードなのに | トップページ | 人間にとって成熟とは何か(2015‐9) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/61180955

この記事へのトラックバック一覧です: 空飛ぶ広報室(2015-8):

« 大山泊りがけボードなのに | トップページ | 人間にとって成熟とは何か(2015‐9) »