« しらうお酢味噌がけ | トップページ | 博多出張のお供 »

2015年3月16日 (月)

歌謡曲が聴こえる(2015-12)

倉吉での肉体労働に携えていった片岡義男著「歌謡曲が聴こえる」を岡山に帰ってから、深夜に読了。

片岡義男といえば高校時代はバイク小説にはまってよく読んだ作家だ。随分長いこと読んでなかったが、先日図書館で近刊を発見し、なつかしいな~と借りてきた。

正直あまり面白くなかった。あまり共感できない時代、自分が生まれる前や直後の物心つく前の時代の歌謡曲について語っているからね。

|

« しらうお酢味噌がけ | トップページ | 博多出張のお供 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/61288052

この記事へのトラックバック一覧です: 歌謡曲が聴こえる(2015-12):

« しらうお酢味噌がけ | トップページ | 博多出張のお供 »