« 多幸半 | トップページ | 倉敷観光 »

2015年5月 4日 (月)

終末のフール(2015-27)

神戸で読み始めた伊坂幸太郎著「終末のフール」を読了。

3年後に小惑星が衝突して終末を迎える地球、仙台のニュータウンで暮らす人々が迎える、最後の日々。

その時点から5年前に衝突が明らかになってから、世の中は強盗殺人略奪と荒れに荒れた末、小康状態となったという状態での物語り。

まあ、暢気なのかもしれないが、そんな断末魔のような状態にはならないと信じたい、人間に理性ある限り。

|

« 多幸半 | トップページ | 倉敷観光 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/61539556

この記事へのトラックバック一覧です: 終末のフール(2015-27):

« 多幸半 | トップページ | 倉敷観光 »