« ぶたかば重 | トップページ | 四国鉄旅 »

2015年8月 1日 (土)

シロクマ号となぞの鳥(2015-52)

アーサー・ランサム全集の第12巻にして最終巻である「シロクマ号となぞの鳥」を遂に読了。

中盤までは少々テンポが遅くて読み進むのに時間がかかったが、後半に向け一気に面白くなりペースアップ。最後は12巻の長い少年少女冒険物語のラストにしてはあっけなさ過ぎる終わり方。子供の頃「エッ、これで終わりなの?もっと読みたい」と感じたのを思い出す。

しかし、この全集が第二次大戦前の戦前から戦後直後までに書かれた物語とは、全く驚きです。時代が変わっても少年が(オヤジもだけど)胸ときめかす自立心、冒険心を描く優れた作品は一向に衰えず光を放っています。

いつかまた、この全集を読みふけるでしょう。

|

« ぶたかば重 | トップページ | 四国鉄旅 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111154/61994454

この記事へのトラックバック一覧です: シロクマ号となぞの鳥(2015-52):

« ぶたかば重 | トップページ | 四国鉄旅 »