« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月31日 (月)

張り込み姫(2015-62)

図書館に前作「借金取りの王子」を返しに行ったその足で借りてきた、垣根涼介著「張り込み姫」を花燃ゆを見た後ずっと読み続け、先ほど読了。

いやー、面白かった。リストラされた方が悲惨な状況に陥らず、基本的には良い方向に人生を歩みだしているのがいいね。

リアルに路頭に迷ってしまったりすると、読む気なくすもんね。現実にはこんな理想的なリストラは中々ないだろうけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月30日 (日)

借金取りの王子(2015-61)

神戸から岡山に戻る鈍行列車の中で垣根涼介著「借金取りの王子」を読了。
昨夜から読み始めたらつい夜更かししてしまい、今日も車内でひたすら読み続けてしまいました。
サラリーマンには考えさせられる色々な会社人生があるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月29日 (土)

君たちに明日はない(2015-60)

先日シリーズ4巻の「永遠のディーバ」を読んで面白かったので、1巻「君たちに明日はない」を借りてきた。著者は垣根涼介。

1巻同様面白く、岡山から神戸に帰る18きっぷ鈍行車中で読み続け、神戸自宅で読了。

2巻も借りてきているので、今日も読もう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月28日 (金)

朝鮮戦争vol1(2015ー59)

児島襄著「朝鮮戦争vol1」を読了。
固い本だが日韓関係理解の一助になれば、と図書館で借りてきた。
読み始めたら結構面白く、昨日もつい夜更かししてしまいました。
vol2も借りてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月22日 (土)

鉄道旅行週末だけでこんなに行ける!(2015-58)

高知での乗り鉄最中に所澤秀樹著「鉄道旅行週末だけでこんなに行ける!」を読了。

まさに乗り鉄旅にはぴったりの一冊で、のんびり鈍行にのりながら読みふけりました。

著者は東京生まれで神戸在住という事で、そんなところも親近感あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月19日 (水)

永遠のディーバ(2015-57)

たまにはいつもとちがう毛色の本を読もう、と図書館で借りてきた垣根涼介著「永遠のディーバ」を読了。

借りてきてからシリーズものの第四巻である事に気づいたが、読み始めてみると面白く一日で読み終えてしまった。

リストラ面接官の悲喜こもごも、といった筋立てだがこれが結構読ませる話で、リストラ対象もしくは辞めさせてはならない人々の生き様が、ホント人生それぞれでついつい読み進んでしまう。

シリーズ一作目から読んでみようっと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月18日 (火)

宮脇俊三鉄道紀行セレクション全一巻(2015-56)

小池滋編「宮脇俊三鉄道紀行セレクション全一巻」を読了。

鉄道紀行文を鉄道文学の域まで高めた(と私は信じます)名作家宮脇俊三の紀行文からのベストセレクション。数々の名著からの抜粋で、ほとんどが読んだ事のある著作からの章部分抜粋だが、それでもやはり文学と呼べる名編ぞろいです。

最後に記載されている編者の解説文の通り、鉄ちゃんにありがちな自己陶酔、自己顕示がちりばめられた文章は一切なく、自分を第三者から見ながら含羞的に淡々と、しかし深く考察した上で描いているのが特徴だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月13日 (木)

モダンタイムス 下(2015-55)

昨晩奥様と共に神戸に帰ってきた。

今日明日と休みを取ったが、本日午前中は家でお仕事。午後から本格的に休みとなり、読みかけだった伊坂幸太郎著「モダンタイムス 下」を読了。

途切れ途切れに読んだので全体の印象が薄くなってしまったが、面白い小説だったとは思う。主人公の奥さん佳代子さんが一体何者なのかは最後まで謎。この謎の部分が続編を生むような気がする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月11日 (火)

奥様岡山最後の夕食

少々高いが奮発しました。Photo

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 8日 (土)

モダンタイムス 上(2015-54)

伊坂幸太郎著「モダンタイムス 上」を神戸で読了。

ここの所仕事が忙しく、余り読書をする気力もわかなかったが、神戸に帰って今日は一日のんびりしたので、一気に読み進んだ。

近未来のお話で、キーパーソンと思われる何人かの人物は登場しているが、まだ先は読めない。下巻も早く読んでみよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2015-53)

四国鉄旅中に読んでいた東野圭吾著「ナミヤ雑貨店の奇蹟」を読了。

面白いのであっという間に読んでしまった。この手のタイムパラドックス物は色々読みましたが、本作は著者の組み立ての上手さが光ります。

さすがプロって感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 1日 (土)

四国鉄旅

2015夏の18で四国鉄旅行ってきた。

Photo


Photo_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シロクマ号となぞの鳥(2015-52)

アーサー・ランサム全集の第12巻にして最終巻である「シロクマ号となぞの鳥」を遂に読了。

中盤までは少々テンポが遅くて読み進むのに時間がかかったが、後半に向け一気に面白くなりペースアップ。最後は12巻の長い少年少女冒険物語のラストにしてはあっけなさ過ぎる終わり方。子供の頃「エッ、これで終わりなの?もっと読みたい」と感じたのを思い出す。

しかし、この全集が第二次大戦前の戦前から戦後直後までに書かれた物語とは、全く驚きです。時代が変わっても少年が(オヤジもだけど)胸ときめかす自立心、冒険心を描く優れた作品は一向に衰えず光を放っています。

いつかまた、この全集を読みふけるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »